受水槽室(ポンプ室)で水が出なくなった

画像 033.jpg

 

受水槽室やポンプ室が設置されているマンションで、突然水が出なくなったとご依頼がありました。

 

通常マンションのような集合住宅で、複数のお部屋の住人様から水が出ないという指摘があった場合には、共用部分のどこかで異常がある場合がほとんどです。

 

考えられる要因としては、

・水道管途中の器具などが故障して、渇水状態になっている

・加圧ポンプの故障で、上階まで水を送れなくなっている

このどちらかの場合が大半です。

 

加圧ポンプの故障の場合、場合によっては弊社での応急処置が可能な場合もありますが、基本的にはポンプ屋さんにご依頼していただく範囲になります。

 

水道管途中の器具が故障している場合には、器具内部の分解清掃や、器具そのものの交換工事が必要になります。

 

写真は配管途中に設置される定水位弁(FMバルブ主弁)といわれる器具で、これの内部でサビやゴミの詰まりがあったり、故障して通水できなくなると、渇水で建物全体の水が出なくなることがあります。

 

他にも、その建物のつくりにより様々な器具が取り付いていることがありますので、状況に応じて修理または交換工事をすることになります。

 

 

受水槽内の部品故障で水が止まらず、満水警報が鳴る

画像 007.jpg

 

受水槽タンクが設置されているビルやマンションでは、受水槽内のボールタップ部品が故障することで水が出なくなったり、逆に止まらなくなったりすることで、渇水警報や満水警報が鳴り出すことがあります。

 

写真は受水槽タンク内のボールタップ部品の写真です。

 

今回のケースでは、タンク内で水が止まらなくなり、タンク外に水が漏れ出すという状況でした。

タンク内部品も、分解清掃して正常に戻ることもあれば、部品そのものを交換しなければいけないこともあります。

受水槽用ボールタップ部品の交換は、タイプにもよりますが ¥2万円前後の部品代・施工料になることが多いです。

 

 

▲このページのトップに戻る