洗面化粧台の2ハンドル混合栓のパッキン交換

C0F6CCCCBCD8B8FDA4CEA5C8A5E9A5D6A5EB-thumbnail2.jpg    BCD8B8FDA4CEA5D1A5C3A5ADA5F3BCE8A4EAB3B0A4B7-thumbnail2.jpg

 

こちらは洗面化粧台の2ハンドル混合栓からの水漏れです。

 

ハンドルの根元からの水漏れと、ハンドルをきつく閉めても水がポタポタ止まらないとのことで依頼がありました。

 

ハンドル部付近を分解して、グランドパッキン(三角パッキンや上部パッキンとも言われます)と、コマパッキンを2箇所ずつ交換しました。

 

 

洗面化粧台の床から水がもれてきた

ピアス 40-401 施工前5.jpg

 

洗面化粧台と床の隙間から、水が染み出してくるとのご依頼でした。

 

お伺いしてみると、洗面排水のトラップホースが古くなり硬化して短くなっていたため、排水管との接続部にすき間があいてしまっていました。

 

そのため、洗面の排水を流したときに、隙間から水がはみ出して水漏れしていた状態でした。

 

洗面排水トラップホースの交換で完了。

修理代金は¥9450〜になることが多いです。

 

 

洗面台レバー式蛇口水漏れのため部品交換

CIMG0969.jpgCIMG0968.jpg

 

洗面台ワンレバー式蛇口の水漏れがありました。

レバータイプの蛇口の場合、内部にカートリッジと呼ばれる部品があり、その部品が故障すると水漏れが止まらなくなります。

 

レバー部分を分解して、内部のカートリッジ部品の交換にて水もれ修理完了しています。

 

費用は一般的なものであれば¥13000〜16000円となります。

 

 

シャンドレのシャワー蛇口のヘッドから水が飛び散る

CIMG1775.JPGCIMG0130.JPG

 

シャンプードレッサーのシャワー蛇口のヘッド部分から水が飛び散る状態でした。

 

シャワーヘッドを分解してみると、ヘッド内部に錆やゴミがたまっていることと、パッキンが劣化していることが原因でした。

錆やゴミの清掃と、パッキン交換で修理完了しています。

 

 

▲このページのトップに戻る