トイレ水つまり修理方法

A5C8A5A4A5ECB5CDA4DEA4EABDA4CDFDC3E6-thumbnail2.jpgA5C8A5A4A5ECA4C4A4DEA4EABDA4CDFDCDD1C9CA-thumbnail2.jpg

 

急にトイレがつまってしまった場合の自分でできる修理方法です。

 

トイレが詰まった時には、便器内の水位が溢れるくらいに上がってきたり、ペーパーや汚物が流れきらなかったり、ゴボゴボとした排水不良音がすることもあります。

 

簡単なつまりの症状であれば、道具ひとつあれば、水道屋さんに頼まずご自身で修理も可能です。

まず、写真にもある詰り修理の道具「ラバーカップ」を用意します。

「ラバーカップ」はほとんどのホームセンターなどで1000円以内で売っているものです。

 

このラバーカップを詰まっている便器内に押し付けながら、若干押し引きしてみます。

できるだけ便器内の水に密着させるようにすることと、

小刻みにラバーカップを動かすことがコツです。

 

 


 

 

 

注意 ・・・・ 上記の方法で便器つまり修理ができるのは、簡易的なペーパー詰りや便の詰まりのみです。

例えば、異物を落としてしまった、生理用品を流した、トイレットペーパーの芯を流したなどの物落としによる便器の水つまりには、ラバーカップでは修理することができません。

無理にラバーカップを使用して便器の水詰りを修理しようとすると、症状を悪化させて、予定よりも大がかりな工事になってしまうこともあります。

くれぐれも、ペーパーつまり、便の詰り以外には使用しないでください。

 

 

 

上記の方法では水詰まりが直らなかった場合には、水道業者にご依頼ください。

一般のつまり修理が手馴れている水道屋さんでは、上記のようなラバーカップなどは使わず、はるかにパワーのある、「ローポンプ」や「ハイスパッド」という修理業者専用の強力な道具を持っています。

そのため、強固な詰まりも簡易的に修理できることが多くあります。

 

蛇口の水もれ修理方法

110917_010322.jpg110917_010404.jpg

 

110917_010450.jpg110917_010531.jpg110917_010604.jpg

 

水道蛇口(単水栓)のハンドルを閉めても、吐水口から水がポタポタ漏れてしまう場合の修理方法です。

 

 

@ はじめに、水道の元栓を止めて、各蛇口から水が出てこないことを確認してください。

  万が一、水が止まっていないのに蛇口の一部を外してしまうと、

  水が噴出して大事故になることがあります。

 

A つぎに、蛇口の頭の部分に六角のナット部分がありますので、

  そこにモンキーレンチなどをかけて回します。

 

B 蛇口のハンドル部分の部品を回しながら取り外します。

  (下段1枚目の写真参照)

 

C 取り外した部品の下部にゴムパッキンが取り付いています。

  プラスのネジで止まっているため、ドライバーで取り外します。

 

D 新しいパッキンに取替えて、外したネジで再度固定します。

  このとき、ネジの締めすぎや締めなさすぎにご注意ください。

  (適度に締めなければ、水漏れが止まらなくなったり、

  部品が損傷することがあります)

 

E 取り外しと逆の手順で、ハンドル部の部品を取り付けして完了です。

 

 

上記の修理方法は、単水栓(水とお湯が別々のタイプ)の場合の修理方法です。

レバー式混合栓蛇口の場合は、内部構造が違うため、簡易的な修理ができません

 

修理が難しいと感じたら、無理せずに水道屋さんにご依頼しましょう。

無理な施工は蛇口や部品の損傷になり、かえって高い金額を払わなければならないという本末転倒な状況になることも多々あります

 

上記のパッキン交換を終えた後も、ハンドルを閉めても吐水口からの水漏れが止まらない場合には、専用部品や蛇口本体が劣化していることが考えられます。

水道業者へ修理ご依頼ください。

 

 

▲このページのトップに戻る