トイレタンクのレバー部品交換

P1220294.jpg

 

トイレタンクレバーが折れてしまったため、交換している案件です。

 

トイレのレバーは、プラスチック部分が経年劣化で折れたり、金属製の芯棒タイプのレバー部品では金属部分のサビなどで動きが悪くなって交換しなければならないことがあります。

 

トイレタンクの形状に合わせて、タンクレバーも様々な形状がありますが、当社ではいろいろなタイプの部品を取り揃えています。

 

 

トイレタンクの内部部品

ロータンク内 施工前.jpg

 

トイレタンク内部の写真です。

 

タンク内にはいくつもの部品が設置されています。

 

この中のひとつでも劣化や損傷などすると

水漏れが止まらなくなったり

水道料金が高額になったりします。

 

トイレタンク内で水の音が気になった場合には

お気軽にご相談ください。

 

(部品交換代は、交換部材によって変わります。)

 

 

 

サイフォン管(オーバーフロー管)の交換

P2011_0829_140304.JPG

 

トイレタンク内に付いているサイフォン管(オーバーフロー管)です。

 

タンクのフタを開けると、筒状の部品があります。

これがサイフォン管です。

 

この部品に不可がかかると、根元から折れてしまうことがよくあります。

放っておくと、多量の水漏れがおこり、高額な水道料金が請求されてしまいますので、早めの交換工事が必要です。

 

TOTO、INAXなど各メーカーでそれぞれ4種類ほどあり、若干金額に違いがありますが、¥13650〜16800くらいで修理可能です。

 

 

フラッシュバルブの水が止まらない

P1030344.JPG

 

写真のようなトイレの水を流す器具を「フラッシュバルブ」といいます。

 

この器具が故障すると、水が出なくなったり、水が止まらなくなるなどの状態になります。

 

フラッシュバルブ内部の部品にサビやゴミがひっかかって起こる症状がほとんどですので、分解清掃もしくは内部部品交換で改善されることがほとんどです。

 

しかし、廃盤メーカー品である場合には部品が手に入らないものもありますし、また、本体から水漏れがある場合でパッキンなどの取り替えでは対応しきれないときには、フラッシュバルブ本体の交換になる場合もあります。

 

 

▲このページのトップに戻る