管理部 札幌市東区北37条東28丁目3番地
施工部 北区北33条西2 販促営業部 中央区南5西15

お気軽にお問合せください

営業時間: 8:00~23:00
定休日:通常期は無休 土日祝も通常営業
(※年末年始・研修日のみお休みをいただいています)
※臨時休業日は都度トップページでご案内してます

蛇口のハンドルを閉めても水が止まらない

蛇口のハンドルを力強くがっちり閉めても

吐水パイプからの水がなかなか止まりにくいということで

蛇口修理のご依頼をいただいた札幌市厚別区の事例です。

 

このような場合、蛇口の形状によって

修理の内容が違ってくるものです。

現在主流になっているシングルレバー型の混合水栓の場合

レバー操作する箇所の内部に設置されている

カートリッジ部品を交換しなければいけません。

 

浴室のサーモスタット式シャワー水栓などでは

切換えや止水をするためのハンドル内部に入っている

切替バルブ部品を交換することになります。

 

昔ながらの形状の湯水のハンドルを回して

出したり止めたりする形状のものは

一部の特殊形状の蛇口を除き、パッキンの交換で

簡易的な修理ができるケースがほとんどです。

 

どのような形状の蛇口を使用されているのかによって

修理にかかる料金も大幅に違ってきてしまいます。

 

今回は一般的なパッキン交換が可能な構造の蛇口だったため

料金は ¥4000〜(パッキン交換箇所による)となります。

ただし、部品の交換が必要なケースでは、

部品代・作業費含め、1万数千円の費用がかかることもございます。

キッチン蛇口の交換工事

古くなって水漏れが酷くなってきたキッチン蛇口を

新しいものに取り換えてほしいというご依頼をいただいた

札幌市厚別区にお住いのお客さま宅です。

 

キッチンの蛇口はおおまかに分けて3タイプあり

それぞれ取り替え方法が違ってくるため

作業工賃が大幅に違ってくることもあります。

 

壁面に設置されている壁出しタイプが工費としてはいちばん安く、

写真のようなワンホールタイプ

(キッチン上の平面を土台にして付いているもので筒状のもの)

デッキ型2ホールタイプ

(同じくキッチン上の平面を土台にして付いているもので

 蛇口本体にも横長の土台があるような形状のもの)

という順番で交換工費が高くなってきます。

 

これらの形状は、蛇口までどのようにして

湯水の配管がつながっているのかにより違ってきます。

 

今回のようなワンホール型の混合水栓蛇口は

シャワー無しの一般的なモデルの交換の場合、

¥33000〜からの交換費・蛇口代となります。

 

配管の構造や、作業スペース、

既設の蛇口の取り外し方法などにより

別途割増料金になることもございます。

トイレの水を流すと床に水が漏れはじめる

トイレの水を流すためにトイレタンクのレバー操作をすると

時間差でトイレの床に水が漏れてくるということで

水もれ調査のご依頼をいただいた厚別区の事例です。

 

トイレの床に水が漏れる場合、いくつかの可能性があります。

便器部分の床の設置面にある接続部材が劣化していること、

トイレタンクの中に入っている部品の故障や、

トイレタンクと便器を接続する付近の部材劣化などが考えられます。

 

また、ウォシュレットやシャワートイレなどの

温水洗浄便座を使用した後に水漏れする場合には

便座の機器内部での故障が考えられます。

(洗浄便座からの水漏れの場合はメーカーでの修理となります)

 

今回は、トイレタンクの中のボールタップと呼ばれる

浮き球部品が経年劣化してしまい

水が供給されるタイミングで四方に水が飛び散り

それがトイレタンクのフタの隙間からつたって

床に水もれしていた状況でした。

 

古くなったボールタップ部品を新品に取り換え完了しています。

ボールタップの交換は部材費・工費含め

¥14000〜(交換物による)となります。

キッチンの蛇口の水が止まらない

キッチン蛇口のレバーを閉めても

水が止まりきらないということで

水道修理のご依頼をいただいた厚別区のお客さま宅です。

 

写真のようなレバーを上下させて操作するタイプの蛇口は

水漏れ症状が起こったとき、パッキンの交換などでは

対処できない構造になっています。

昔ながらのハンドル手回しタイプの蛇口と違い

内部にはカートリッジといわれる主要部品が設置されていて

この部品で止水・通水の操作をするため

故障の場合にはカートリッジ部品ごとの取替えが必要になります。

 

レバータイプの混合水栓内部のカートリッジが故障してくると

レバー操作が極端に重く抵抗があるように感じたり

逆に極端に軽くガタつきがあるような感触になることが多いものです。

 

このカートリッジ部品ですが、混合栓ごとに適合部材が違い

お使いの蛇口に合ったものしか取付けできません。

 

カートリッジ部品の交換は平均すると部材費・作業工費含め

¥16000〜19000程度になってきます。

洗面所のシャワーの根元から水もれする(札幌市厚別区の水道工事)

ある日気が付くと、洗面化粧台の下から水があふれ

洗面下の収納スペース内を除くと

設置されているプラスチックの水受け容器から

満水になった水が外に溢れ出しているのがわかり

弊社に水道修理依頼いただいた事例になります。

 

このようなケースでは、洗面シャワー蛇口の

シャワーホース部分に亀裂が入っている可能性があります。

現在お使いのシャワー混合栓に適合した

専用ホース部品を取り替えるという対応になってきます。

 

製品メーカーや型式によって適合部品が違うため

まずは現地で確認が必要になります。

 

使用される頻度の高い型式のホース部品は取り揃えていますので

ほとんどの場合はその場で修理できることが多いのですが、

中には部品を取り寄せしなければならず

即日修理完了できないケースもございます。

水道管が経年劣化で水もれ

お風呂の天井点検口から、ポタポタ水が滴ってくると

水道修理のご依頼をいただいた案件です。

 

ユニットバスの天井点検口を開けて確認すると

天井裏を通している銅管の水道配管から

経年劣化によって水もれしているのがわかりました。

 

室内に使われている水道管にも寿命があり

30年程度経過すると、あちこち水もれが発生することがあります。

 

今回は、水もれ原因箇所前後の水道管を

部分的に新しいパイプに取り替え、水道修理完了しました。

 

水道管の水もれの場合、その状況によって対処が様々で

水漏れ部分付近だけ取り替えられることもあれば、

前後かなり長い距離で施工しなおす必要があったり、

壁の中や天井裏の開口、器具の脱着などを伴う場合や、

配管だけでなく隣接の金具類まで交換しなければいけないケースなど

構造や配管材質、配管状況などにより

大幅に対処方法が違うことがあります。

 

お困りの場合には、まずお気軽にお問合せください。

水漏れの状態を詳しくお聞かせいただければ

おおまかな料金幅をお伝えできることがあります。

 

散水栓(外の水道栓)のレバー部分が壊れた

レバーを上げ下げ操作することで

水を止めたり出したりするタイプの水抜き栓で

レバー操作が重く操作しにくくなったり

固くて途中で動かなくなったり、

無理に動かして部品を壊したりしてしまうことがあります。

 

今回は家の外にある散水栓のレバー部分が

ムリして力入れて操作したことで

ヒビが入ってしまった状態でした。

 

このような場合には、まずレバー部分だけでなく

散水栓の内部を分解して、

正常に作動できるようにしたうえで

レバー部品の取替えをする必要があります。

 

レバーが固く操作しにくい場合というのは

レバーそのものではなく、それに連動している箇所が

原因となっているケースが多いからです。

 

水抜栓や散水栓のレバー部品交換の場合は、

作業費・部材費含め2万円弱の費用になり、

レバーが壊れていないけれど動きが悪いという場合には

¥9000~11000円の分解調整で

改善できる場合もありますので、ご相談ください

キッチンの蛇口の取替え工事

キッチンの蛇口から水がもれてくるので

修理してほしいということでご依頼いただいた事例です。

 

お伺いすると、もうすでに20年ほど経過した

シングルレバー混合水栓を使用されていて

吐水可動部が激しくガタつき、

いたるところから水がもれている状態でした。

 

試しに分解して内部部品を取り替えてみましたが

混合栓蛇口本体の金属削れなどもあり

完全には水漏れが止まりきらない状態でした。

 

混合水栓というのは通常15年を超えると

いつ本体交換時期になってもおかしくないものです。

とくに内部部品やパッキンなどを取り替えても

症状が改善しないケースでは、

蛇口本体側の寿命という判断になってくるものです。

 

今回はお客さまとご相談のうえ

シングルレバー混合水栓本体の取替え工事へと切換え、

蛇口交換にて作業完了しました。

壁の中からポタポタ水漏れの音がする

壁の中からポタポタと音が響き

床に水気があるということでお伺いした

札幌市厚別区のお客さま宅です。

 

気が付くと壁と床の隙間付近で水がにじんできて

壁に耳を当てると確かにポタポタ水が滴るような音。

目に見える箇所ではないため

まずは壁の中に隠れている水道管の状態を確認するため

後から補修しやすいように開口を開けていきます。

 

ほとんどのお宅で水道管というのは

天井や壁の中を通って各蛇口につながっています。

隠蔽部分で水漏れがある場合には

表装を解体したり、狭く作業しにくい場所での修理となり

少々金額の張る水道修理になってしまいます。

 

今回は水道管の経年劣化による腐食で水漏れがあり

部分的な水道管交換で完了しました。

札幌市厚別区の蛇口水もれ修理

混合水栓蛇口から水がもれてくるということで

水道修理のご依頼をいただいた厚別区のお客さま宅です。

 

通常、写真のような2ハンドル形状

(水とお湯が別なハンドルで混合させるタイプ)では、

ごく一般的なパッキンが使用されていることが多く

¥4000〜からの軽微な修理で対応できる可能性があります。

 

ただし、部品の劣化や損傷などが原因の水漏れであれば

部品交換や本体交換をしなければいけないケースもあります。

 

今回は、ハンドル内部の劣化が原因で

きつく締めても水がなかなか止まらない状態でしたが、

分解してみると内部金具の削れが原因で

パッキンを取り替えても症状が改善しなかったため

部品ごとの交換をしています。

今回の修理代金は ¥7000円+税額 となりました。

キッチンの蛇口のレバーの動きが悪く水がなかなか止まらない

台所の蛇口のレバーハンドル操作が不調で

水がなかなか止まらないというご依頼で

お伺いしたお客さま宅です。

 

こちらのお宅で使用されていたのは、

シングルレバー混合水栓で、レバー部分を上げ下げすることで

水が出たり止まったりするタイプのものでした。

このタイプの蛇口で、レバー操作がしにくくなったり、

なかなか水が止まりきらないなどの現象がある場合には

レバーハンドルと連結する部分に入っている

カートリッジという操作のための部品が故障気味になっています。

 

今回は混合栓を分解し、カートリッジ部品を取り替えることで

正常に操作でき、水もきちんと止まるようになりました。

カートリッジの部品交換は、メーカーや型式により変動ありますが

作業工費含め¥16000〜19000円程度になります。

お風呂の水つまり修理

お風呂の浴槽や洗い場の水が流れにくいと

修理のご依頼があった厚別区のお客さま宅です。

 

浴槽排水と洗い場排水ともに水がながれにくいうえ、

浴槽から溜めていた風呂水を一気に流すと

洗い場の排水口から水が上がってしまい

ユニットバスから溢れてしまいそうになる状態でした。

 

ごく一般的なつくりのユニットバスの場合、

浴槽の排水と洗い場の排水はスグ近くで繋がっていたり、

洗い場排水口を経由して浴槽の水が流れていくような

構造になっているものです。

 

そのため、合流付近で詰まりが起きてしまうと

両方の排水口の水の流れが悪くなってしまいます。

 

このような場合、通常は排水口付近からの簡易作業で

排水口内に流れ込んでしまっている髪の毛などの蓄積物を

引っ張り出して、水つまり修理をすることとなります。

 

一般的なお風呂場の水つまり修理は

¥8000円程度の修理代金となることがほとんどです。

蛇口カランの水漏れ(パッキンの交換)

こちらは洗面に付いている蛇口カランになります。

このカランが、きつくハンドルを締めても

いつまでもポタポタ水がたれてきて

なかなか止まりきらないということで

蛇口修理のご依頼をいただいた札幌市厚別区の事例です。

 

このような単水栓(水蛇口単独、もしくは湯の蛇口のみ)

の場合、内部には一般的な汎用パッキンが入っていることが

ほとんどになります。

(ごくまれに、特殊パッキン使用されていることもあります)

 

汎用パッキンで修理できるケースでは、

パッキン交換 ¥4000円〜からの対応となります。

 

ただし、内部の金具削れによる水漏れの場合には

内部金具部品を交換しなければいけないことや

蛇口そのものの金属削れのため

蛇口交換必要なこともございます。

水道まわりの地面の土が陥没して穴があいた

外の地面が陥没してきて、穴があいてしまっていると

調査のご依頼があった厚別区のお客さま宅です。

下水の管が走っている付近での陥没だったため、

何らかの異常がありそうだということで

弊社にご連絡いただいたということでした。

 

確認させていただくと、家まわりの地盤の変化が酷く、

排水管の勾配がおかしいことで流れの異常があったり、

排水マス(敷地内マンホール)付近の破損が見られ、

土に埋まって見えない箇所でも

破損がありそうだということが想像できる状態でした。

 

お客さまと打ち合わせのうえ、付近の地面を掘り起こすと

排水桝の際で写真のような配管の割れが見つかりました。

地盤が良くない場所では、このように

埋設されている排水管に負荷がかかり、

破損してしまうことで、下水の詰まりが起こったり、

今回のような地面に穴が空くような現象が起こります。

 

外部の水道まわりで気にかかることがございましたら

お気軽にお問い合わせください。

札幌市厚別区の温水便座取付

ウォシュレットやシャワートイレなどの

温水便座の交換や、お手持ちの便座の

取り付けだけの代行作業なども全般的に承っております。

 

製品をご自身で用意して、取付だけ頼みたい、

自分で取り付けられると思ったけれど

難しいようなのでやってほしい、

引っ越し先に手持ちの便座を取り付けてほしいなど、

取り付け依頼はお気軽にお申し付けください。

 

一般的な温水便座の取り付け作業費は、配管状況や

取り付けする便座の種類、トイレ形状などによっても違いますが

通常は ¥11000円~+諸部材費 程度になります。

(追加部材が必要なく、配管の長さ調整や交換の

 必要がなければ、基本料金¥11000円+税額となります)

 

また、壁付けリモコンタイプは¥1000〜加算、

古い便座の廃棄処分が弊社で承る場合には

¥2000円〜加算となります。

洗面シャワーからの水もれ

こちらは洗面台のシングルレバー式の蛇口で

シャワーホースが伸びて、

引っぱり出せるようなつくりになっている混合水栓です。

このタイプの蛇口のシャワー部分は劣化しやすいもので

シャワーホースに亀裂が入ることがあります。

 

引き出し式シャワーホースはあくまで消耗品の扱いですので

製造メーカーでも、7〜8年程度で

交換を推奨していることが多いのです。

 

今回のお客さま宅でも同様に、

シャワーホースの損傷があり、

シャワーヘッドとホースの繋ぎ目から

水が多量に漏水するようになってしまっていました。

 

このようなケースでは、

大半がシャワーホースの部品交換となります。

お使いの蛇口のメーカーや品番によって

それぞれ適合する使用部品が違ってきます。

ごく一般的な引き出せる形状のシャワーホース部品交換は

部品代・作業代合わせて、¥16000〜19000となります。

部材によって多少変動がありますので、

おおまかな目安としてお考えください。

 

今回のお客さま宅での交換作業は

費用すべて含め、¥17000+消費税となっています。

トイレの水の流れがおかしい

トイレの水を流すと、まったく流れないわけではないけれど

便器にたまる水の水位が通常より上がってきたり

大便やペーパーが残ってしまったり、

流れ終わったあとにゴボゴボという異音がして

トイレ内の水位が必要以上に下がってしまう場合などは

単純なトイレつまり症状などではなく、

外の排水(下水)などで詰まりや異常があるケースが多々あります。

 

このような場合、まずは外の排水まわりを調査することから

確認作業がスタートします。

一般住宅であれば、必ず家の敷地内に

排水マスといわれるマンホールがあり

それが外部の下水管の点検できる箇所になります。

 

マンホール内で水がたまっていたり

溢れそうになったり、汚物がいっぱいの場合には

やはり下水管内で詰まりや配管損傷があることになります。

 

このようなケースではまず、下水の管内を

高圧洗浄作業などで清掃し、詰まりを取り除きます。

そのうえで、管やマンホールなどに破損個所や

勾配異常などがないかを判断していくことになります。

 

排水管やマンホールの破損や傾斜不良が見つかった場合、

症状が酷いケースでは、そのままにしておくと

またすぐに詰まりが起こりかねません。

場合によっては地盤を掘り起こしての

大がかりな工事が必要なこともあります。

台所のシングルレバー蛇口の水もれ

シングルレバータイプの台所蛇口から

水漏れがしていて、蛇口根元あたりに水がたまるということで

水もれ修理のご依頼をいただいた札幌市厚別区のお客さま宅です。

 

通常レバータイプの蛇口の水漏れの場合、

昔ながらのハンドルを回すタイプの蛇口と違い

簡単な汎用パッキンの取り替えでは対応できません。

混合栓内部を分解し、カートリッジといわれる主要部品や

吐水可動部に入っているリング部品を取り換えることになります。

 

また、製品メーカーによっても、型式によっても

使用する部品が違ってきますので

いまお使いの混合水栓に適合した部材が必要になります。

 

また、あまり古い年式の混合栓蛇口になると

メーカーで部品が廃盤品になってしまい

すでに部品供給ができないこともありますし、

水垢固着や金属部劣化により蛇口の分解が

できないケースなどもありますので、

混合栓蛇口本体の交換になってしまうケースもあります。

 

水漏れ症状や箇所によっても交換すべき部品が違いますので

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

トイレの流れがおかしい

トイレの汚水を流すと、

ゴボゴボとおかしな音がしたり、

水位がいつもより上がってきたり、下がってしまったり

なかなか水の引きが遅いなどの場合には

単純なトイレつまりではなく、

下水やマンホールなどで異常があることがほとんどです。

 

今回は、厚別区の地盤が弱い地域で

同様のトイレの異常があり、調査にお伺いしました。

外の排水マスを確認すると、

やはり詰まりかけの症状が見られました。

 

下水管や排水桝で詰りや水溢れがある場合には

まず高圧洗浄作業などにより、管内の清掃をする必要があります。

 

地中に埋まっている排水管・下水管がおかしくなっている場合にも

まずは洗浄などの清掃作業をしなければ

詳しい状況確認ができないためです。

単純に一時的な詰まり物の引っかかりが

排水内であっただけというケースもありますが、

たいていの場合には、管勾配がおかしくなっていたり、

内部損傷で汚水が停滞しやすくなるような原因があるものです。

 

ですから、排水管洗浄をすることで、

どの箇所で異常や損傷があるのか判断し

必要な対処をお伝えするという手順になってきます。

トイレのレバーが故障した

トイレの水を流すレバーが壊れてしまい、

動きが悪くなったり、定位置に戻らなくなったり、

折れてしまうなどの破損状態になることがあります。

 

このような場合には無条件にレバー部品の交換をする必要があります。

トイレタンクの形状により、適合する部品があり、

それぞれレバーの長さや寸法が違うものです。

適合しないサイズのものを取り付けてしまうと、

タンク内部で他の部品との干渉があり

引っかかったり、他部品を壊してしまうおそれがあるのです。

 

タンクレバー部品の交換は、わりと一般的な形状のもので

¥11000円前後の費用になることが多いです。

下水付近の外の地面がへっこんできている

外の地面の土がへっこんできていたため、

土を補充したものの、またしばらくすると

いつの間にか陥没してきているという現場事例です。

 

へこんできている地盤近くに、下水のパイプが通っていたため、

それが原因ではないかと考え、弊社にご連絡いただいたようです。

 

現地を確認させていただいたところ、

やはり下水のマンホール付近で破損があり、

汚水が下水管外に逃げてしまっているのが判明しました。

このような状態をそのまま放置してしまうと

地中の土砂が削れ続け、建物の基礎部分まで影響してしまい、

最悪の場合にはお住まいが歪んでしまうことにもなりかねません。

 

このようなケースでは、原則としては

地盤を掘り起こしてのマンホールや排水パイプの交換をする

配管工事となってしまいます。

配管工事費は排水の経路や深さ、地盤が土なのかアスファルトなのか、

交換距離や掘削スペースなどにより大幅に費用が違ってきます。

 

まずは、事前に現地調査させていただくことになりますので

お困りの場合にはお気軽にご連絡ください。

お風呂の換気扇が動かなくなった

以前から、お風呂場の換気扇からおかしな異音がしていて

ある日突然動かなくなってしまったということで

確認のご依頼をいただいた厚別区の事例です。

 

換気扇は家電製品と同じく、

年数が経過すると故障してしまうものです。

とくに、浴室の換気扇などは湿気の多い場所に設置されているため

故障の頻度は多くなりがちです。

 

年数の新しいものであれば、

清掃などの簡易的な修理ができることもありますが、

古い換気扇の場合には、内部のモーターが焼け付いたり

製品の電気系統が故障したりすることが大半ですので

修理ではなく換気扇本体の交換をすることになってきます。

 

一般的な天井に設置されている正方形タイプの換気扇であれば

サイズや構造により¥26000〜30000円程度の

作業料金(換気扇本体・配線や排気接続作業含む)となります。

 

取付方法や形状により料金が異なる場合もありますので

詳しくは現地確認が必要になってきます。

天井から水漏れがしてきた

水道管パイプの水漏れというのは

ある日あるとき突然発生するものです。

水道管自体もいわば消耗品ですので、

使用年数に応じて劣化していくことになります。

配管パイプの種類によっては腐食して腐って折れてしまったり、

表面に小さな穴があいてしまい、水が吹き出すこともあります。

 

今回は、天井裏に配管されている水道管から

細かな穴が開いてしまうピンホール水漏れにより

天井部分から水がもれてくる症状でした。

天井点検口がすぐそばにあったため、

そこから水道管の一部取り替えをして修理完了になりました。

 

天井裏を確認できる天井点検口が付いていない場合や、

設置されている点検口から作業ができない場合などでは

天井部のボードやクロスなどを剥がしての

少々大変な作業を伴う必要も出てくるケースもあります。

混合水栓のレバーが壊れた

レバーで操作するタイプのシングルレバーといわれる

混合栓の修理事例です。

混合水栓が劣化してくる時期になると、

このレバー部分の部品も破損してしまうこともあります。

裏側の接続部が壊れてしまうと、再度取り付けようとしても

固定できない状態になってしまいます。

 

現在、廃番品でなければ、

このレバー部品だけの交換なども可能です。

ただし、レバーが破損するというケースでは

レバーと連結する別な箇所にも劣化や異常があることが多いため

他の部品も併せて取り換えなければいけないことも多々あります。

 

レバー部品だけの交換になるのか、

少々金額のかかる他部品も併せて交換が必要なのかは

あくまで、現地で混合栓を操作確認したうえで

判断していくべきこととなります。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
011-789-2432

受付時間: 8:00~23:00
定休日:通常期は無休(※年末年始・研修日のみお休みをいただいています)

札幌の水道修理トイレ詰まり・水廻りのトラブルに緊急対応する
一般住宅専門の水道水漏れ修理店です。
台所・お風呂場・洗面所などの蛇口の水もれ、水道凍結・破裂や
水道管工事などの急な水のトラブルやトイレつまり、
ボイラー交換や修理、キッチン、浴室、洗濯の排水が流れないなど
急な排水詰り、トイレの水が止まらない、トイレタンクから
水もれ等の突然のトイレ修理や水道トラブルに土日祝日も出張修理、即日緊急対応します。
札幌市水道局指定水道修理業者
札幌市排水設備指定工事業者


<対応エリア>札幌市全域

★お支払いはクレジットカード(一括)支払いもできます★
★TVや雑誌出演の 業界適正価格の水道工事店です★
★スタッフ全員が水道国家資格所持者の札幌地元業者

対応エリア
札幌市内全域対応
【中央区】【北区】【東区】【白石区】【手稲区】
【西区】【厚別区】【豊平区】【清田区】【南区】

TV出演・雑誌掲載情報

HBC北海道放送の「総力報道 THE NEWS 北海道」に グループ会社代表としてテレビ取材・出演させていただきました

各雑誌や広報誌での掲載記事

取材にて女優の大沢逸美さんと対談させていただきました

雑誌掲載記事

多方面より表彰状や感謝状をいただいています

代表のごあいさつ

当社のサイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。私どもは、地元札幌の水道修理専門店として、お客様からの信頼を第一に考えた運営を信条としています。親切・丁寧でお客様の立場に立ったお電話対応を心がけておりますので、水まわりのお困り事やご相談がありましたら、どうぞお気軽にお電話ください。電話対応から実際の修理作業まで、責任をもって対応させていただきます!
 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

011-789-2432

<営業時間>
8:00~23:00
※通常期は無休
(※年末年始・研修日のみ
お休みをいただいています)

※弊社はアパート・マンション・戸建住宅などの一般住居専門の水道修理業者です。
店舗・事務所・施設・集合住宅の共用部の修理は原則おこなっておりません
 

水道水漏れ修理専門店
 札幌の地元水道修理業者 ウェルハウス札幌

住所

営業部 札幌市東区北37条東28丁目
施工部 札幌市北区北33条西2丁目

営業時間

8:00~23:00

定休日

通常期は無休
(※年末年始・研修日のみお休みをいただいています)

取り扱いメーカー

TOTO
INAX
KVK(MYM一部)
SAN-EI
カクダイ
ミヤコ
ノーリツ
ナショナル
コロナ
サンウェーブ
サンライズ

その他、各国産メーカー全般 お取り扱いしています