マンションの個別水道メーターの取替え工事

水道メーター.jpg

 

毎月の水道使用量を計測する水道メーターは、年数とともに故障したり、凍結させたことによって破裂(ガラス面の損傷)などで取り替えなければならないことがあります。

 

また、水道メーターには、管轄の水道局での取替えが必要なものと、マンションの個別メーター(水道局ではなく、管理組合や管理会社などで検針しているもの)のように水道局に申請せずに取替えできるものがあります。

 

写真の水道メーターは、マンション各室に付いている子メーターで、凍結によって故障したケースです。

表面のガラスが割れてしまい、水が漏れてきています。

水道メーターの交換は ¥21000〜(口径や設置場所による)になります。

 

※ 水道局で検針しているマンションの個別メーターや、地中に設置されている水道メーターの交換については、必ず一度水道局へ依頼する必要がございます。

 

 

マンションの水が当然止まることがある

UNI_0218.JPG UNI_0220.JPG

 

マンションの給水が突然止まってしまい、少しするとまた水が出るという現象が繰り返し起こることがあります。

 

いくつものお部屋で同時に水が出なくなる場合には、マンション全体に水を送っている加圧ポンプや受水槽まわりに異常があることが考えられます。

(※加圧ポンプ故障の場合には、ポンプ修理業者もしくはポンプメーカーへご依頼ください)

 

しかし、1室のみに症状が出る場合については、水道器具内に付いている逆止弁などの部品が故障していることが考えられます。

写真は、Dバルブと呼ばれるマンション用の水道元栓です。

この部品の内部の弁が故障すると、突然水が出なくなったり、また突然出てくるという症状になることがあります。

 

部品の交換には、¥15750前後かかる場合があります。

また、古くて部品が供給されないものについてはバルブ本体の取替えが必要になってきます。この場合には配管状況や設置できるバルブの種類により¥2〜3万円かかる場合がございます。

 

 

▲このページのトップに戻る