トイレの便器へ水がチョロチョロ流れて止まらない

110913_232945.jpgA5C8A5A4A5ECA5BFA5F3A5AFBFE5CFB3A4ECBDA4CDFD-thumbnail2.jpg

 

トイレで水漏れの音がして、水道料金も高くなったとのことで、調査の依頼がありました。

 

お伺いしたところ、便器の中へ水がちょろちょろと漏れていました。

 

トイレタンクのふたを開けて、内部の部品を確認すると、ボールタップと呼ばれる浮き球が不良で、オーバーフロー水漏れしていました。

部品交換をして、漏水修理を完了させています。

 

 

オーバーフローによる漏水で便器内に水漏れ

P1220145.jpg

 

便器への水が1日中止まらないとのことでお伺いしましたが、

トイレタンク内でオーバーフローによる漏水がありました。

 

オーバーフローというのは、トイレタンク内の部品劣化で水の止まりが悪くなり、トイレタンクから便器側へ水があふれ出す症状です。

 

今回のケースでは、ボールタップ部品が故障していたため、部品交換で漏水修理完了しました。

 

 

便器内部への水流れがおかしく違和感がある

110913_225048.jpg

 

トイレを使用するのに水を使った後、いつもに比べて便器の中の水の流れがおかしく、なかなか水の止まりが悪い場合には、便器やタンク・排水などに異常がある可能性があります。

 

例えば、以下のケースが多く見受けられます。

 

@便器への水の勢いが強すぎる場合 ・・・ 便器の水の入り口や、便器本体の陶器内部で異物が引っかかっていたり、水の経路が塞がっていることにより、一部の水経路のみに水量が集中して極度に激しい流れ方をすることが多いです。場合によっては水の止まりがいつもより遅いという症状が出ます。

 

A便器への水の勢いが弱すぎる場合 ・・・ 上記の症状と同じく、何らかの原因で水経路が塞がっていますが、ふさがっている度合いが多いと全体的に水量が制限されて水の勢いが弱くなり、いつまでもチョロチョロと水が止まらないなどの症状によくなります。

 

Bその他、排水詰り(とくに下水詰まり)による場合や、トイレタンク内の部品劣化の場合にも同様の症状になります

 

どの症状にあたるのかは、現地での確認が必要になります。

 

 

▲このページのトップに戻る