台所シングルレバー混合栓のパッキン交換・部品交換

hjfdhjnm.png    tgthb.png

 

キッチンのレバー式混合水栓から水漏れがありました。

このような場合には、内部の部品交換やパッキン交換で修理できることが多いのですが、まれに蛇口本体側の削れや劣化のために、水漏れが直りきらない場合があります。

 

また、昔ながらの単水栓(水と湯の蛇口が別々なタイプ)や2バルブ式(蛇口は湯水一体だが、ハンドル部が別々のタイプ)と違って、レバー式の混合水栓の場合には簡易的なパッキンの交換では対応できません。

 

本体を完全に分解して、内部のカートリッジといわれる主要部品を交換したり、リング状のパッキンを交換する必要があります。

 

今回のケースでは、カートリッジやUパッキンといった部品やパッキンを換えて完了しました。

 

作業代金は、混合水栓のタイプやメーカーによりますが、

今回は ¥ 16800円となっております

 

 

台所レバー式混合栓の故障による交換工事

C2E6BDEABAAEB9E7BFE5C0F2BDA4CDFDC1B0-thumbnail2.jpg     A5ECA5D0A1BCBCB0C2E6BDEABCD8B8FDB8F2B4B9BDA4CDFDB8E5-thumbnail2.jpg

 

台所のシングルレバー混合栓が故障して水漏れしているが、相当古いので交換してほしいとの依頼でした。

このタイプの混合水栓は、流し台の下側にもぐりこんで裏側から蛇口を取り外し・取り付けが必要です。

写真のようなデッキ型2ホールのタイプの混合栓は、配管の接続状態が少し厄介なことも多々あり、交換作業に時間がかかったり、流し台を一度取り外す必要がある場合もあります。

 

今回は取り付けにそこまで手間がかからなかったため、混合栓本体や作業工賃合わせて、総額で ¥ 31500 でした。

 

 

台所蛇口の吐水パイプがとれたため、部品交換工事

reghj.png

 

台所蛇口の根元から水が漏れて、パイプが外れてしまったとのことで確認したところ、パイプの根元が腐って変形してしまっていました。

腐食もひどく、劣化して、指でつまむと金具が欠けてしまう状態で、パイプ先端の整流部の金具も破損していたため、新たに吐水パイプ部品を交換しました。

 

蛇口の吐水パイプにはいろいろな口径や長さ、先端の断熱キャップの有無などがありますが、汎用品であれば作業代は¥5250〜¥9450の間で収まると思います

 

 

台所壁出ワンレバー式混合栓交換

2011071618050000.jpg

 

台所の混合栓(ワンレバー式)の蛇口本体交換です。

 

2ハンドルの蛇口から、ひとつのレバーで操作できる蛇口にしてほしいとのご依頼でした。

 

このタイプの混合水栓の交換の場合には ¥24150〜¥26250になります。

 

 

▲このページのトップに戻る