トイレの給水フレーキ配管からの水漏れ修理

A5C8A5A4A5ECBDA4CDFDA1A6C7DBB4C9BFE5CFB3A4EC-thumbnail2.jpg   A5C8A5A4A5ECBDA4CDFDBCD8CAA2A5D5A5ECA1BCA5ADB4C9-thumbnail2.jpg

 

トイレの給水管から水漏れありました。

 

配管が腐食してピンホール水漏れ(配管に小さな穴があくこと)していたため、新たにジャバラ状のフレーキ管で配管しなおしました。

 

作業料金は、配管の長さによって、 ¥6300〜8400になります。

 

 

トイレタンクと給水管のつなぎ目から水もれ

110913_225128.jpg

 

トイレタンクと給水管の繋ぎ目から水がもれるというのは、よくある症状です。

 

給水管の接続部にはゴムパッキンが入っていて、それが劣化してくると水もれが起こります。

 

給水配管がフレキシブルの管を使用している場合には、ほとんどがこのパッキンの取り換えで修理完了できます。

 

給水管上下のパッキンを取り換えする必要がある場合もありますので、修理代金は¥3150〜4200程度になります。

 

 

トイレ水道管の取り替えが必要な場合

スクエアーコテージ  102号室 既存給水管撤去.jpg

 

トイレの水道管には、一般的にフレキシブルの配管と、写真のような直管を曲げ加工した硬い配管のどちらかが使われます。

 

どちらの配管も長期の使用によって配管自体に負荷がかかり、変形してしまっていることがありますが、これらの配管では、水もれがおこった場合に対処が少し異なります。

 

フレキシブル配管の場合には、自由に曲げられるため、多少の変形であればそのまま使いまわすことが可能なため、パッキンの取り替えのみで修理できますが、上写真のような硬い配管で水もれした場合には、パッキンの取り替えだけでなく、管自体をフレキシブル配管に取り替えしたほうが良い場合があります。

 

すべてのケースがこのような状態というわけではありませんが、上記のような傾向が多いようです。

 

 

 

 

トイレ配管途中の止水バルブから水もれする

110913_233012.jpg

 

トイレ内の水道配管途中に付いている止水バルブ(一般的には蛇口ハンドルのようなものが付いています)付近からの水もれも、よくありがちなパターンです。

 

この場合は、ほとんどが止水バルブ内のゴムパッキン取り替えで水もれ修理が可能です。

(ごくまれに、止水バルブ本体を取替する必要がございます)

 

ゴムパッキンの取り替えの場合は¥3150〜、 止水バルブ本体の取り替えの場合は、前後の水道配管まで取替が必要かどうかによって違いがありますが、¥10500前後を考えていただくことになります。

 

 

▲このページのトップに戻る