蛇口や水道管から赤水や赤サビが出てくる

BCD8B8FDA4ABA4E9A4CEC0D6BFE5-thumbnail2.jpg     C0D6BFE5A4ACBDD0A4EBC7DBB4C9C6E2C9F4BEF5B6B7-thumbnail2.jpg

 

蛇口から赤水が出る場合は、水道管内部で錆が固着している場合が多くあります。

 

水道管が鉄管の場合、年数とともに錆ついてくるものです。

(右の写真はさび付いた配管内部です)

その給水管内のサビが蛇口に送られて、赤水として出てくるのです。

蛇口付近に浄水器などを取り付けても、時間とともに浄水器内でサビ詰まりをおこしてしまうことが多いため、根本的な改善にはなりえません。

 

このような場合、症状の改善をするためには、室内すべての水道管をサビにくい材質のものに交換する必要があります。

 

 

配管からサビ水が垂れてきたり、表面にサビが目立つ場合

C5B4B4C9A4ABA4E9A4CEBFE5A4E2A4EC-thumbnail2.jpg

 

写真のように、水道配管から赤サビのような水が垂れてきた跡があったり、蛇口を開くと赤水が多量に出てきた場合には、極度に水道配管が劣化している証拠です。

 

そのまま放っておくと、ある日突然水道配管に穴があいて水が吹き出したり、配管がボッキリ折れてしまうなどの事故がおこる場合もあります。

 

万が一、通水状態で水道配管が折れてしまうと、かなりの水圧がそのまま吹き出すことになり、大被害になることも少なくありません。

 

このような状態である水道配管があれば、もしものことを考えて早めに水道管交換などの対処を考えていたほうが良いと思われます。

 

 

マンションでさび水が出る場合の水道工事

dfghjrhj.JPG

 

マンションなどの集合住宅で、各部屋の水道管からサビ水が出てしまう場合には、各部屋経路の水道配管工事と併せて、マンションの水道本管の交換工事も行う必要があります。

 

加圧ポンプで上階の各部屋に水を送っている場合には、写真に写っている受水槽まわりの水道管や、ポンプ前後の配管まで交換しなければなりません。

たとえ各部屋の個別の水道管だけを交換しても、大元の配管からサビが送られてくるのであれば、さび水・赤水の症状は完全にはおさまりません。

 

通常、マンションのメイン水道である本管部分を工事する場合には、必ず建物を管理している会社や組合に許可をいただかなければなりません。

 

マンションにお住まいで、赤水に悩んでいる方は、いちど建物の管理組合などにご相談してみてください。

 

 

水道管の表面までサビが浮き出てきた場合

UNI_0022.JPG

 

水道管から赤サビが出るのをそのままにしておいたところ、表面までサビが浮き出てきて、最後には水道管に穴があいて水が噴出してしまった事例です。

 

不在のときにこのような状態になると、気づかない間にお部屋が水浸しになってしまい、大きな被害が出る場合もあります。

 

水道から赤サビ水が出る場合には、配管工事をするなどの早めの対処を考えるようにしましょう。

 

 

マンションの水道からサビ水・赤水が出る

1gr55.jpg

 

こちらはマンション共用部の配管と給水ポンプです。

このマンションで各部屋から

サビ水・赤水が出るということで

管理組合のほうからご相談がありました。

 

年数も古く、ボロボロの水道本管から

常にサビが各部屋に送られてくるため、

建物の水道管本管を交換工事する以外に対処ができない状態でした。

 

太い配管で、工事にも時間がかかりますが、

ポンプまわりから各部屋につながるまでの

水道管本管の工事も対応可能です。

 

蛇口のサビ詰まり修理・蛇口から水が出ないケース

2013090308040000.jpg

 

こちらは、浴室の蛇口の水が

チョロチョロとした出てこないということで

修理依頼があった現場です。

 

古い水道管を使用しているお住まいで

蛇口からは赤水が出てくるため、

蛇口の内部でのサビつまりによる原因だと判断し

お風呂のシャワー蛇口を分解してみました。

 

すると、水の通り口に

びっしりと茶色いサビが蓄積しているのがわかりました。

今回はこれらの錆の固まりを除去して

勢いよく水が出るようになりました。

根本的な原因は配管が古くなったことで

錆がでてくるために、時間とともに

同様の症状が再発することが考えられます。

完全に再発を防止するためには、水道管自体を新しいものに

取替える工事が必要になってきます。

 

▲このページのトップに戻る