ワンレバー(シングルレバー式)混合水栓の修理(札幌市厚別区の修理事例)

IMG_20170220_100619.jpg

 

ひとつのレバーを操作するだけで、

水・お湯を吐水できるタイプの「シングルレバー混合栓」の修理です。

 

このタイプの蛇口は、内部にカートリッジという主要部品があり、

この部品が劣化してしまうと、

水が止まりきらなくなったり、

レバー操作が重くなったり、もしくはまったく操作できなくなったりします。

 

昔ながらの蛇口のように、ゴムパッキンを取り替えれば

修理できるというようなタイプの蛇口ではありません。

 

一部例外はありますが、原則カートリッジ部品の取り替えが必要ですので、

部材代や作業費などを含めると、1万数千円ほどの費用になってきます。

 

既存の混合水栓のメーカーや型式などによっても

それぞれ部品の種類や金額が違ってきますので、

詳しくはお問合せください。

 

水道の元栓付近から水の流れる音がする(札幌市西区の修理事例)

IMG_20170215_100608.jpg

 

水道の水落としなどをするときに使う水抜き栓(水道の元栓)で

地中漏水することも頻繁にあるケースです。

 

元栓の付近で水の音がするけれども、

目に見える箇所では水が漏れてきていないなどという場合には

この水道栓の漏水と考えて良いでしょう。

 

水の流れる音がしているまま放っておくと、

高額な水道料金が請求されてしまったり、

地中内部に漏水している状態のため、

後々建物の地盤に大きな問題が出てきたりすることがありますので

早急な対応が必要になってきます。

 

これらのケースでは、元栓内部の部品交換や

各所パッキンを取り替えることで修理可能なことが大半です。

水抜栓のタイプや形状により若干違いがありますが、

各所パッキンの交換だけで済む場合には、¥8000〜+消費税額となります

 

洗面所の水つまり(札幌市東区の修理事例)

IMG_20170217_151735.jpg

 

洗面所の水の流れが悪いので見てほしいと

札幌市東区にお住まいのお客さまよりご連絡がありました。

 

洗面の排水というのは、非常に細い配管になっているため、

細かなゴミ汚れや、石鹸かすなどでも

長い期間にわたって蓄積してしまうと

水の流れが非常に悪くなることがあります。

 

このような場合には、圧力をかけて内部の詰まりを除去したり、

専用の薬剤を使用して汚れを溶かしたり、

場合によっては配管を一部分解して除去したりなど、

様々な対応のケースがあるものです。

 

対処の方法により、若干修理金額に違いがありますが、

平均 ¥6000〜8000+消費税額 となります。

 

室内の排水の流れが悪く外の下水でつまり修理(札幌市北区の修理事例)

IMG_20161126_151254.jpg

 

室内のキッチンの水の流れが悪く

ゴボゴボ音が異常なほどあり、

多量に水を使うと、逆流してくると

水つまり修理のご依頼をいただいた事例です。

 

室内の排水は、外の下水のマンホールにつながっているため、

外部の排水ます(敷地内マンホール)の内部で

詰まりがあったり、水が溜まっていたりすると

室内の流れが悪くなったり、詰りやすくなるため

下水管内や排水マス内部の清掃が必要になってきます。

 

外部の排水清掃や詰り修理の場合

通常は電動式ワイヤー器具を使用したり、

高圧洗浄機を使用しての高圧洗浄作業をおこないます。

 

費用は電動ワイヤー工法時には、

¥15000〜25000

高圧洗浄作業の場合は、

¥25000〜40000 ほどになります。

(つまりのひどさ、施工する距離などにより異なります)

 

また、冬の積雪時には

別途割増料金が必要になることがあります

 

お風呂の水つまり修理(札幌市白石区のつまり修理事例)

IMG_20161120_201206.jpg

 

お風呂場の水がつまって、流れないということで

詰まり修理依頼をいただいた事例です。

 

お風呂場の排水口というのは、

内部が入り組んでいるつくりになっていることが多く

髪の毛なども長年蓄積してしまうと

つまりが生じやすくなってくるものです。

 

とくに、排水のトラップ部の奥まで

髪の毛が流れ込んでしまっている場合には

薬品なども併用しての修理作業になってきます。

 

費用は、通常のプラスチック製排水口の場合

¥8000〜前後の料金になります

 

蛇口のパッキン交換・部品取り換え(札幌市東区の水もれ修理事例)

IMG_20161029_081316.jpg

 

昔ながらのハンドルを回すタイプの蛇口で、

ハンドルを閉めても水がポタポタと

止まりにくいことが多いということで

蛇口修理のご依頼をいただきました。

 

このような場合、まずは蛇口内部に入っている

パッキンの取り替えをしてみることになります。

ただし、蛇口内部の金属に削れがあったり、

錆びてしまって動きが悪いケースなどには

部品の取り替えや、蛇口本体の交換が必要になることもあります。

 

今回は、パッキンの交換で改善できる箇所については

パッキンの取り換えをし、

部品交換が必要な箇所については、

適合する部品を取り替え、水漏れ修理をしています。

 

お風呂場の換気扇の交換工事(札幌市厚別区の事例)

IMG_20161027_184404.jpg

 

お風呂場の換気扇が動かなくなったということで

換気扇修理のご依頼をいただいた事例です。

 

スイッチを入れても、まったく作動もしない状態だったため

今回は換気扇本体の取り替え工事となりました。

 

換気扇の内部には、ファンを回すための

モーターが付いていますが、

このモーターが焼け付いてしまったりすると

そもそもまったく作動しなくなります。

 

このようなケースでは、無条件に換気扇本体を

交換する必要が出てきます。

 

換気扇の能力や形状、ユニットバスのつくりなどにより

交換料金に多少の幅がありますが、

浴室換気扇の交換は ¥20000〜からになります。

 

床下の水道管立ち上がり箇所からの水もれ(札幌市東区の事例)

IMG_20161019_090741.jpg

 

ある日、床下を除いてみると、

床下の地面部分が水でべちゃべちゃになっていたということで

調査のご依頼があった事例です。

 

一般住宅では、水道管は地中から室内へ立ち上がっていきます。

ですから、普段目に付かない床下や地中部分で

水もれが起こっているケースもあるのです。

室内ではおかしな症状がなければ、

なかなか気づきにくい箇所でもあります。

 

今回は、水道管の接続部から水がもれていたため、

配管材一部を取り替えしています。

 

 

浴室サーモスタット式(温度調整付き)混合栓蛇口の修理(札幌市中央区の事例)

IMG_20161008_140923.jpg

 

お風呂場のサーモ付き混合栓の故障で

ご依頼いただいた案件です。

 

通常、サーモスタット式のシャワー蛇口の場合、

温度調整用のバルブと、

シャワー&吐水口からの水の出を切り替えるための

切替バルブ(切替弁)という2箇所の操作部があります。

 

これらの操作部には内部に専用の部品が入っているため

動きが悪い、水の止まりが悪い、操作不良がある、などの場合

これらの部品交換が必要になってきます。

 

各メーカー・各型式により

部品がそれぞれ違ってきますので、

まずは現地確認が必要になってきます。

 

 

水道の元栓(止水栓)からの水漏れ音(札幌市東区の修理事例)

IMG_20161008_131450.jpg

 

水のシューシューという水道音がするということで

調査・確認のご依頼があった事例です。

 

調査したところ、台所付近にある水抜き栓といわれる

水道の元栓から水の音が響いてくるのが確認できました。

 

このような場合、目に見えた箇所に水はもれてきませんが

地中深くで漏水状態になっているものです。

通常はこの止水栓を分解すると、写真のような部品が

いちばん根元に取り付いています。

 

水もれの原因としては、この部品に組み合わさっている

数ヶ所のパッキンが悪いことが大半です。

また、場合によっては、

部品自体を取り換える必要が出てくることもあります。

 

室外の水道メーターでの作業も必要になってくる作業ですので

積雪時には作業料金割増になることもありますので

詳しくはお問合せください

 

 

洗濯場の排水つまり(札幌市中央区の水道修理事例)

20160926_102314.jpg

洗濯場の排水口から水があふれてしまうということで

水つまり修理のご依頼があった事例です。

 

長年使用していると、排水口の内部には、

どうしても細かなゴミが蓄積されてしまうため

気を付けていても排水つまりが起こってしまうことがあります。

 

今回は、排水口の内部を分解し、

専用器具を薬剤を併用して

洗濯排水の水つまり修理を完了しています。

 

通常のプラスチック製の排水口の場合、

費用は ¥8000円前後になることが多いです。

 

蛇口のパッキン取り換えで水漏れ修理(札幌市手稲区のお客様宅)

20160919_101440.jpg

 

こちらは、蛇口のハンドル部分を閉めても

いつまでもポタポタと水が止まりきらないということで

パッキンの取り替えをご依頼いただいた案件です。

 

水側とお湯側が別々のハンドルになっているタイプの蛇口は

通常であればゴムパッキンの取り替えで

水漏れ修理できる箇所が大半です。

 

ですが、蛇口本体が古くなってしまうと、

内部金具部品の損傷や、蛇口本体内部での削れなどもあり、

パッキンの交換だけでは水もれが改善しないこともあります。

 

今回のケースでも、いちどパッキン交換してみましたが、

あまり改善がなされないため、

ハンドル内部の金具部品を交換してみたところ、

水漏れがおさまりました。

 

 

洗面所の引き出し式シャワー蛇口から水漏れ(札幌市厚別区の事例)

20160917_121605.jpg

 

洗面所の引き出し式シャワーから水漏れしているということで

修理のご依頼があった案件です。

 

シャワーホースを引き出して伸ばせる混合水栓の場合には

シャワーホース自体に亀裂が入ったり、

接合部の劣化によりひどい水漏れが発生することがあります。

 

このような場合には、パッキンの取替えなどでは

対処しきれないことがほとんどになります。

通常は、既存のシャワーホースに適合したものを

取り換えるというシャワー部品の交換が必要になってきます。

基本的には、適合品以外は取付ができないものですので、

まずは現地での確認が必要になってきます。

 

引き出しできるタイプのシャワーホースの取り換えは

¥13000〜18000程度(メーカーや型式による・作業費込み)

が相場となります。

 

 

壁の中から水漏れ (札幌市北区あいの里のお客様)

配管修理業者モバイルサイトからのご依頼はTEL 0120-709020

berume.jpg

 

札幌市北区あいの里のお客様宅で

壁の中から水漏れがするとのことで

緊急修理にお伺いしました。



壁の石膏ボードと壁紙を剥がすと、

壁内の銅管配管が経年劣化で腐食して

穴があいてしまっていました。



補修しやすいように壁を開口して

配管の一部交換をしたうえで

ボードと壁紙を目立たないように直して完了です。



このように壁を開口しての配管修理の場合は

状況にもよりますが、内装の補修も含め、

¥26250〜31500程度になることがほとんどです。



Copyright (C) 2011. 札幌の配管工事・修理店 All Rights Reserved

水道管が凍結でパンクした! (札幌市西区発寒のお客様宅)

配管パンク修理業者モバイルサイトからのご依頼はTEL 0120-709020


berumezon


札幌市西区発寒のお客様のお宅で
冬場に長期不在にして、戻ってきたら
水道凍結でパンクしてしまっているとのことで
緊急修理にお伺いしました。

銅管配管が写真のように
パックリと裂けてしまっていました。

ハレツの修理は、配管の一部を
取替えする工事になります。

銅管の水道管の場合には、
ハレツ箇所の前後のみの交換で済む場合が多く、
修理代金は状況にもよりますが、
¥8400〜12600程度になります。





Copyright (C) 2011. 札幌の凍結・ハレツ修理店 All Rights Reserved

トイレの配管から水が漏れる (札幌市北区屯田のお客様宅)

トイレ修理業者モバイルサイトからのご依頼はTEL 0120-709020

IMG_7177.jpg



札幌市北区屯田にお住まいのお客様宅で
トイレの水を流すと、トイレタンク下の配管から
ポタポタと水もれするとのことで修理に来ました。

この配管は洗浄管と呼ばれるもので
各ナット部に入っているパッキンが劣化すると
すぐに水漏れが起こってしまいます。

トイレ洗浄管のパッキン交換は
¥6300〜程度になります。



Copyright (C) 2011. 札幌のトイレ水もれ修理店 All Rights Reserved

水道管から水が噴き出した! (札幌市西区二十四軒のお客様宅)

水道管修理業者モバイルサイトからのご依頼はTEL 0120-709020

maruberi.jpg


札幌市西区二十四軒にお住まいのお宅で
水道配管に穴があいて、水が吹き出しはじめたと
ご連絡を受けました。

緊急で駆けつけたところ、
鉄製の水道管の直管部分で
経年劣化で腐食してピンホール水漏れでした。

写真のような修理用継ぎ手を使用して
水漏れ修理完了しています。





Copyright (C) 2011. 札幌の水道管水漏れ工事・修理店 All Rights Reserved

札幌市西区のトイレ便座交換(ウォシュレット交換)

56gfghhgfdxd.JPG

 

トイレの洗浄便座(シャワートイレ・ウォシュレット)から

水漏れがしているということで

便座の修理にお伺いした西区のトイレ修理現場です。

 

ウォシュレットは機械製品のため

内部からの水漏れの場合は

製造メーカーでの修理が必要ですが、

今回の既設タイプは古く、

メーカーでの修理もできないようなものだったため

お客さまと相談の上、便座本体を新品に取替えています。

 

▲このページのトップに戻る