洗面レバー混合水栓の水漏れ修理

IMG_20170316_122542.jpg

 

こちらはレバータイプの洗面混合水栓が水漏れした場合の

修理状況です。

 

通常、レバー式の混合栓の場合、昔ながらの蛇口のような

パッキン交換などの簡易修理では対処できません。

内部に入っているカートリッジといわれる部品を取り替えなければ

水漏れを止めることができないものです。

 

水漏れだけでなく、レバー操作が重くなったり、固くて動かない場合、

またはそれによってレバーハンドルが折れてしまった場合など、

操作上のトラブルもほぼこのカートリッジの交換が必要になります。

 

このカートリッジですが、同じメーカーであったとしても

型式により使用されるカートリッジ部品は違ってきます。

お住まいで使われている混合栓により、

部品代や施工方法にも違いがあります。

ごく一般的なタイプであれば

¥14000〜16000程度の修理料金(部品代・交換工費含む)となります。

 

洗面シャンドレ用蛇口の交換工事

画像 020.jpg

 

今は手を洗うだけの蛇口ですが、シャンプーもできるようにシャワータイプにしたい・・・などの依頼も受付しています。

 

今お使いの洗面化粧台によっては本体をシャンドレタイプに替えなければならないこともありますが、蛇口の部分のみをシャワー式のタイプに交換することができる場合もあります。

 

ただ、洗面シャンプードレッサー用の蛇口というのは様々な種類がありますので、既存のシャンプードレッサーの蛇口のみを交換したい場合には、必ず現地確認しなければお見積もりを出すことができません。

予め、現地調査と見積もり依頼をお願いいたします。

 

 

 

洗面所シャワー蛇口の水漏れ修理

UNI_0233.JPG     UNI_0234.JPG

 

洗面所シャワー蛇口の水漏れ修理です。

 

シャワーヘッド付近から水漏れしていたため、調査したところ、シャワーのメタルホースに亀裂が入って裂けた箇所からの水もれでした。

 

洗面混合栓は形状やメーカーによって、すでに廃盤になって部品供給ができないものが多くあります。

 

今回は、まだ部品が手に入ったため、シャワーホース部品の交換で修理完了しています。

 

▲このページのトップに戻る