水道凍結・配管破裂 修理費用

このページでは、水道凍結修理トラブルに関わる事例を公開しています。

 

冬場の厳冬期に突然水が出なくなった、凍ったままにしていたら破裂水漏れした、長期間不在にするので水落しをしてほしい、凍結しているのかわからないので見て欲しいなどの様々なご要望にお応えします。

 

 


作業料金例 

(すべての表記は、出張費や作業工賃、部材代などを含んだ金額です)

※下記の料金に別途消費税額が加算になります

 

水道簡易凍結修理 1ヶ所 ¥8000
室内の分岐1経路のみの凍結修理   ¥8000〜
水道凍結修理(1箇所の水抜栓からすべて出ず、電気解氷する場合)   ¥10000〜15000

水道凍結修理(ポリ管などで蒸気解氷の場合)

  ¥15000〜
排水口簡易凍結修理  

¥8000〜

排水管内凍結修理   ¥10000〜20000
排水管内凍結修理(凍結区間長い場合)   ¥25000〜
銅管破裂修理   ¥10000〜
鉄管破裂修理   ¥12000〜
壁内水道管破裂修理(内装補修費含む)   ¥30000〜
室内 水落し作業  

¥6000〜8000

散水栓凍結修理  

¥10000〜

スノーダクト凍結修理   ¥25000〜40000
スノーダクト排水口凍結修理    ¥10000〜
ベランダドレン管凍結修理  

 ¥15000〜

 

 

 ※ 水道凍結に関しては、凍っている度合いや距離などによって、解氷修理作業 時間が違ってきます。作業時間や状態によって作業料金が前後することがあります。

 ※ 排水凍結やスノーダクト凍結に関しては、現地確認させていただいても、どの程度の常態か判断しきれない場合がございます。

    幅をとっての料金提示になることが多くありますので、予めご了承ください。

 


上記の金額は一例です。

お客様のお宅で使用されている器具・配管施工状態・症状・メーカー・型式などによって一部例外もあります。

参考金額としてご覧ください。

 

 

水道凍結して水が急に出なくなった!

C5C5B5A4B2F2C9B9B5A1-thumbnail2.jpg     C5C5B5A4B2F2C9B9B5A1A4CEC5E0B7EBBDA4CDFD-thumbnail2.jpg

 

水落としをしないで寝てしまい、朝起きたら急に水が出なくなった!・・・なんてことはよくある話です。

 

冬場の厳冬期に水道を凍らせてしまった場合、長い距離で凍ったり、壁内や天井裏、床下などで凍っている場合には、写真のような電気解氷機を使用しての水道凍結修理になります。

 

凍っている水道管の区間を機械で挟み込み、電気を通してショートさせるようにして水道管内の氷を溶かしていくものです。

 

簡易的な水道凍結であれば、機械を使わずに対応することが可能ですが、お部屋の水がすべて出ないなどの場合は、この電気解氷機での修理対応が必要だと思ってください。

 

水道凍結修理費用ついてですが、凍っている区間の長さや、凍っていた期間、建物の造りによる冷え込みやすさやその他の構造によって、修理にかかる時間も費用も違ってきます。

常識的な水道凍結の状態ですと、電気解氷機を使用した場合には ¥10500〜15750 の料金帯でおさまります。

 

無駄な出費にならないよう、冷え込みが厳しいときには、徹底した水落としをするよう心がけましょう・・・・。

 

 

 

 

ポリ管などの電気が通らない配管の水道凍結解氷修理(スチーム蒸気解氷)

dfghjvc.png

 

鉄管や銅管など、電気の通る水道管で凍結した場合には、電気解氷機で修理できます。

しかし、ポリ管や塩ビ管などの電気が通らない配管内で凍ってしまった場合には、写真のスチーム解氷機(蒸気解氷機)を使用しなければなりません。

 

水を沸騰させた蒸気によって、電気が通らない配管の中の氷を溶かすものです。

 

配管の一部を外したり、カットしたりして解氷作業をすることもあります。

そのため、配管のつくりにもよりますが通常の水道凍結修理よりも高額になる場合もあります

 

 

水道管を凍ったままにしておくと、破裂して大工事になります!

sghjkkbgf.png 

 

冬場にしばらく留守をして帰ってきたところ、水の元栓を開くと多量に流し台下から水漏れしてきたとのことで修理依頼ありました。

 

キッチンとガス台を取り外し確認したところ、隠蔽部で銅管配管が凍結による破裂で裂けていました。

破裂箇所一部のみの配管修理で水漏れを止めることができました。

 

 

水道凍結してしまった場合、長期間凍らせたままにしていると配管内の氷の膨張により、水道管が破裂してしまうことが多々あります。

特に、まったく水落としをしていなかったり、水抜き不十分のまま長期間留守にしていた場合などに多いです。

 

水道が凍った場合には、できるだけ早くに修理を手配するようにしましょう

 

 

排水管の凍結修理

dghljhgfdsthm.png     kjujuu.png 

階建てのアパートで、2階部分の入居者様より排水が流れないとのご連絡がありました。

現地で確認させていただくと、つまりではなく、排水管凍結しているようでした。

排水凍結というのは、様々な理由で起こる症状ですが、今回はアパートの下階が空室だったことで冷え込みやすくなり、排水が凍ったようです。

 

しかし、床下に入る点検口や、壁内を確認できるスペースもなかったため、排水管が通っていると思われる壁面にあたりをつけて壁開口しました。

開口部分より、塩ビ排水管凍結を修理。

その後、右写真のようにその場で内装復旧をしています。

(所要時間は約3時間。 開口部分は、どこを解体したのかわからないくらいに復旧できることがほとんどです)

 

今回の作業料金は、排水凍結修理代や内装補修作業すべて含め、 ¥31500 になっています。

 

 

破裂により、銅管パイプが裂けて水漏れ

2011031818340000.jpg

 

冬場の冷え込み時期に、しばらく家を空けていたため

水道凍結により銅管パイプが裂けてしまった事例です。

 

凍結状態で時間が経つと、銅管パイプは中の氷の体積膨張によって

写真のように膨らんで、最後には亀裂が入ってしまいます。

 

銅管の破裂の場合には、配管一部分のみの交換が可能ですが、

配管の種類やつくりによっては、

長い距離を配管交換しなければならないこともあります。

 

また、1ヶ所だけでなく、複数個所の水道管で

同様の症状になっている可能性もあります。

 

修理箇所が増えるにしたがって、修理費用も高額になりますので、

水道凍結シーズンは、こまめに水道管の水抜きをしましょう。

 

 

マンションの水道メーター 凍結で割れた場合の修理

8455t44.jpg

 

こちらはマンションなどの配管スペースに入っている

水道メーターで、各部屋の水道使用量を計るために

設置されているものです。

 

この水道メーターも

冬場の冷え込む時期に凍ってしまい、

破裂してガラス面が壊れてしまうことがあります。

このまま放置しておくと水道使用量が把握できないだけでなく

このメーター本体から水漏れして下階のお部屋などに

被害を及ぼすことがあります。

 

マンションで計測管理している水道メーターであれば

弊社で交換修理することが可能です。

 

※ 水道局で計測管理している水道メーターの故障や破損は

  所定の手続きをしなければ手がけることができません。

  まずは水道局のほうにお問い合わせください。

 

▲このページのトップに戻る