水道管や水道器具の給水サビ詰まり修理

トイレ給水サビ除去.jpg

 

水道まわりの器具には様々なものに、サビやゴミが水道管を通るのを防ぐためにストレーナが設置されています。

古い水道管では、管内にサビが蓄積されていることが多く、ストレーナー部分で定期的にサビ詰まりがおこることが多々あります。

 

「今までよりも水の出が悪くなった」「突然水がチョロチョロとしか出ない」などの場合は、この水道管のサビ詰まりによる可能性が高いでしょう。

 

水道管や、水道器具の一部を分解してたまっているサビの除去が必要になります。

 

写真はトイレ付近の水道管途中に取り付いていることの多いタイプのストレーナーです。

サビを取り除くことで、通常通りの水量になることが多いですが、中には水道配管の劣化がひどく、全体的に水道配管工事をしなければ改善しないこともあります。

 

また、サビはお部屋の水道管内に付着しているものが出てくるため、定期的に同様の症状になりますし、あまり多い頻度で再発するようでしたらお部屋全体の水道管を取り替えることを考えたほうが良い場合もあります。

 

修理費用は、ストレーナーのサビ除去・清掃の場合には、¥6300〜8400程になることが多いですが、水道配管工事が必要な場合には別途お見積もり必要になります。

 

 

水道管の錆が給湯ボイラー内部で詰った事例

CIMG06881.JPG

 

通常、水道管内の錆がひどく、配管途中で錆詰りがある場合でも、分解などして修理できるケースが多いものですが、今回の事例はどうにも対処できずに大掛かりな工事になってしまったケースを紹介します。

 

ボイラーというのは、水の入り口や配管途中にに錆が内部に入り込まないようにストレーナが付いていますが、そのストレーナを通り越してボイラー内部で錆詰まりしてしまっていました。

 

分解しきれない箇所のため、必然的にボイラー本体の交換工事になってしまいました。

 

水道管で錆詰りの兆候があった場合には、早めに水道管交換を視野にいれておかなければ、今回のボイラーのように高額な水道周りの器具・器材にも影響を及ぼすことがありますので、お気をつけください。

 

 

▲このページのトップに戻る