お風呂のシャワー蛇口から水が吹き出すトラブル

CDE1BCBCBCD8B8FDBDA4CDFD-thumbnail2.jpg

 

お風呂のシャワー蛇口から水が吹く状態でした。

 

水抜き付き逆止弁が不良のため、部品の交換をしています。

 

水抜付逆止弁交換料金は¥6000円前後になることが多いです。

 

 

 

浴室シャワーのパッキン交換と部品交換

conv0005.JPG

 

浴室シャワー水栓にありがちな症状として、

「ハンドルを閉めても、水の止まりが悪い」

「シャワーヘッドから水がもれる」

「シャワーとパイプの切替がきかない」

などの症状がよく見られます。

 

極端に古いものでなければ、

パッキン交換や部品交換で修理が可能なものがほとんどです。

 

お電話で症状をお聞かせいただければ、

おおまかな金額をお知らせできますので、

気になる症状があればお問い合わせください。

 

 

浴室シャワー蛇口の切替弁からの漏水

サンシャイン 102 水漏状況.jpg

 

浴室シャワー蛇口の切替弁から漏水がありました。

 

原因は、プラスチックの切替レバー内部についている、パッキンの劣化か、切替部品(切替弁)の部品劣化によることが多いです。

 

当社では、一般的に使用する頻度の多い切替弁部品をひととおり取り揃えております。

 

倒産メーカーであるMYM(喜多村合金)の蛇口の部品交換にも対応可能です。

 

 

お風呂のシャワーヘッドやホースの交換

P2011_0918_191318.JPG

 

お風呂のシャワーヘッドやシャワーホースの交換にも対応します。

ヘッドもホースもともに消耗品で、年数とともに劣化による故障が多くなります。

 

例えば、

「シャワーヘッドが故障して、水が飛び散るようになった」

「シャワーヘッドを落としてひびが入った!」

「シャワーホースに亀裂がはいって水が吹き出す」

「シャワーホースが突然抜けてしまった!」

などなど・・・・。

 

このような場合、ほぼ部品の交換が必要になってきます。

一般的なものであれば、その場で修理ができますので、お急ぎの場合はご依頼ください。

 

 

年数の経過した古い混合水栓からの水もれ

IMG_20170306_135421.jpg

 

混合水栓に限らず、蛇口や水栓金具は

基本的に蛇口本体が損傷していないかぎり

部品の取り替えをすることで大半が水漏れ改善できます。

 

しかし、あまりにも古すぎるタイプでは、

本来取り外しできる部分で水垢などで固着して

動きが悪くなっていたり、

金属疲労により内部の金属削れがあったり、

あちこちの部品を併せて交換しなければならないこともあります。

 

また、交換部品の種類によっては、

結構な金額になってしまうものもありますので、

場合によっては混合栓本体を丸ごと取り替えたほうが

将来的にも良い場合もございます。

様々なケースにご相談にのりますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

▲このページのトップに戻る