ボイラー本体の交換工事

A5DCA5A4A5E9A1BCB8F2B4B9B8E5-thumbnail2.jpg

 

長期間ごまかしながら使用していた給湯ボイラーが、とうとう使用できなくなったことで、ボイラー本体の交換をすることになりました。

 

貯湯式の同タイプのボイラーへの交換になっています。

ボイラーまわりの配管や、弁体、まで一式交換しました。

 

今回は、ボイラー設置部廻りの壁紙や床のクッションフロアも変色してひどかったため、ボイラー交換と合わせて、内装工事も同時におこなう運びとなりました。

 

 

このほかにも、給湯パワーがある容量の大きいボイラーへの交換や、壁掛けタイプの交換も承っております。

 

 

給湯ボイラーが過熱したり、燃焼しなくなる

A5DCA5A4A5E9A1BCB8F2B4B9C1B0-thumbnail2.jpg

 

ボイラーが古くなってくると、本体に不可がかかって、

加熱して熱くなったり、ひどい時には煙が出てきたりします。

 

このような場合には、危険ですので、スイッチを切ったり電源を抜いて

すぐにボイラー交換を手配ください。

 

また、ボイラー内部の故障で、

燃焼せずにぬるいお湯しか出なくなったり、

途中で作動せずに止まってしまったりすることがあります。

 

このような場合には、修理で直る場合もありますが、

年数が経っている場合には他の箇所も次々壊れてしまう可能性が高いため、

ボイラー交換したほうが良い場合もあります。

 

詳しくは、お電話で症状をお知らせください。

 

 

 

ボイラーや電気温水器まわりの排水口交換工事

C5C5B5A4B2B9BFE5B4EFC7D3BFE5BDA4CDFDC1B0-thumbnail2.jpgC5C5B5A4B2B9BFE5B4EFC7D3BFE5B4C9BDA4CDFDC3E6-thumbnail2.jpgA5DCA5A4A5E9A1BCC7D3BFE5B8FDBDA4CDFD-thumbnail2.jpg

 

電気温水器やボイラーなどには、必ず本体の水を抜くための排水が付いています。

昔の建物は、この排水が鉄製のものでつくられているため、年数が経つと腐食して破損してしまうことがあります。

 

今回のケースでは、排水を流すところについている「ホッパー」という部材が劣化して穴があいていました。

床下部分で排水管と接続されているため、交換には床を一部剥がす必要があります。

この場合では、床がクッションフロアー(CF)のため、一部を剥がし、床板を開口し、床下の排水管部分から一部排水交換とホッパー交換をしました。

 

配管作業後も、その場で床の補修作業を行います。

パッと見ただけでは、どこを解体したのかわからないくらいの仕上がりになります。

 

 

ボイラーまわりの部品交換

CIMG1070.jpg

 

給湯ボイラー付近から常に水もれの音がするということで依頼をいただきました。

 

お客様はボイラー本体が壊れていると思っていたようですが、ボイラー自体は問題なく、ボイラーまわりに設置されている水道器具の不良でした。

 

ボイラー周りには、減圧弁や安全弁(逃がし弁)などの弁体が取り付いていて、それが故障すると常時水漏れしたり、そのままで使用を続けるとボイラーに不可がかかってボイラー故障の原因になったりもします。

 

水もれ音が気になったら、放置せずに早めの対処が必要です。

 

 

石油小型給湯器(灯油ボイラー)の故障

10dfcgnhx.jpeg

 

写真のような置き型の給湯ボイラーが故障したと

修理のご依頼がありました。

 

今回はボイラー下付近からの水漏れもあり、

さらにはスイッチで作動させようとすると

焼け付いたような変な匂いがしてくるということでした。

 

確認したところ、湯沸し器ボイラー本体内部の

管体から壊れて水が漏れていました。

また、バーナー部付近の故障で

異常な燃焼具合になっていたため

機械ものとしての寿命が来ていると判断させていただきました。

 

お客様とのお話により、

修理より給湯器ボイラー本体の取り替え工事をすることになりました。

 

給湯器まわりの器具修理

20130409_162623.jpg

 

給湯器や湯沸し器まわりの

器具の修理にも対応します。

 

水道管途中には弁体や止水栓などが

あちこちに付いていますが、

これらの部品故障や水漏れ症状に

修理・交換といった方法で改善させます。

 

※ ガス給湯器やガス湯沸し器本体の故障の場合は

  供給元のガス会社さんや製造メーカーに

  ご連絡いただくことになります。

 

▲このページのトップに戻る