トイレタンクと便器の間の銀色のメッキ管から水漏れする

A5C8A5A4A5ECBDA4CDFDA1A6C0F6BEF4B4C9BFE5CFB3A4EC-thumbnail2.jpg

 

トイレタンクと便器をつなぐ銀色のメッキ管から水がポタポタもれるとのことで、お客様からお電話ありました。

 

確認にお伺いすると、銀色のメッキ管(洗浄管といわれるものです)のナット部から水漏れしていました。

原因はナット内部に入っているパッキン劣化によるものでしたので、各ナット箇所(写真の場合は、タンク側の上部・中間部・便器側の下部の計3ヶ所)のパッキン交換をして水漏れ修理完了しています。

 

作業時間は20分ほど。

作業代金は ¥6300円になりました。

(洗浄管に延長用の部材が取り付いている場合には、2100円加算になる場合があります)

 

 

便器がぐらついて、パイプが抜けてしまった!

403号室 施工中.jpg

 

便器のぐらつきがずっと気になっていたようですが、しばらくの間そのままにしておいたところ、ある日突然トイレタンクと便器の間の配管パイプ(洗浄管)が完全に抜けてしまって、ひどい水漏れ事故になったケースです。

 

床に便器を固定する部材が劣化してくると、便器ががたついてしまい、最悪の場合はつながっているパイプが外れて、水漏れ事故につながってしまいます。

 

何か使用していて異常を感じた場合には、お早めに対処することをおすすめします。

 

今回のこの場合には、便器部分をいちど取り外し、床フランジと呼ばれる部品交換をすることになります。(修理費用は¥18900〜21000くらい。タイプによって違います)

 

 

トイレ洗浄管の取替え工事

UNI_0056.JPG

 

古いタイプのトイレで、便器とトイレタンクをつないでいる太い銀色のパイプを「洗浄管」といいます。

 

この洗浄管が劣化すると、水もれがおきたり、洗浄管が便器から外れて水もれするなどの症状になります。

 

洗浄管のナット部分には各箇所にパッキンが入っており、このパッキンを取替えることで水漏れが直ることも多くあります。

 

しかし、洗浄管そのものが劣化している場合には、洗浄管交換や、ナット金具の交換が必要になってきます。

 

例えば、古くなってくると洗浄管パイプ自体や、ナット箇所で金属疲労のために欠けたり割れたりすることがあります。

この場合には、破損箇所に応じて洗浄管パイプ本体の交換、もしくは洗浄管金属ナット部の部品取り替えが必要になります。

 

 

▲このページのトップに戻る