管理部 札幌市東区北37条東28丁目3番地
施工部 北区北33条西2 販促営業部 中央区南5西15

お気軽にお問合せください

営業時間: 8:00~23:00
定休日:通常期は無休 土日祝も通常営業
(※年末年始・研修日のみお休みをいただいています)
※休業日は都度 トップページでご案内しています

トイレの水がいつまでも流れている

トイレを使っていないあいだもずっと

チョロチョロと水が流れ続けている音が

いつまでもトイレタンク付近から聞こえるということで

水道修理のご依頼をいただいた事例です。

 

トイレのタンクというのは、一定率水がたまると

部品のはたらきによって自動的に止水されます。

ただし、タンクの中の部品が故障してしまうと

止水するべき水量で止まらなくなったり

タンクの水が便器側に逃げてしまい

それを補うために給水が続いたりすることで

水の止まりが悪くなってしまうことがあります。

 

このような場合には、トイレタンク内の部品交換が必要です。

タンクの中には複数の部品が設置されているため

まずはどの箇所の故障なのかを見極めなければいけません。

トイレのタイプにより使用する部材は違いますし

どの部品が悪くなっているのかによって料金も違ってきます。

水抜き栓(水道元栓)の水漏れ修理

トイレや、給湯機器付近の床面などに設置されている

水抜き栓といわれる水道の元栓操作部あたりから

水が漏れているということで

水道修理依頼いただいた札幌市西区の事例です。

 

水抜き栓は、冬場に水道管の水落しをするときなどに使用する

止水栓ですが、内部には専用のパッキンが入っている構造で

経年劣化により突然漏水することがあります。

 

このような場合には、内部パッキンをいくつか取り替えることで

症状が改善できることが大半です。

 

気づかないうちに漏水していたことで

水道料金が高額になってしまった場合などでは

指定業者で水道料金の免額申請をおこなうこともできます。

洗面の吐水切替式シャワーヘッドの交換

洗面所のシャワー水栓のヘッド部分が劣化して

水が飛び散るようになったり、

亀裂などで水漏れするようになることがあります。

 

洗面台のシャワー水栓に使用されるシャワーヘッド部分は

通常、直流吐水とシャワー方式に切り替えできる構造のものが多く

シャワー水栓ごとに各メーカーとも様々な形状があり

適合部品を用意しなければ取付けすることができません。

 

年数が経過している形状のものであれば

すでに部品が製造中止になっているものがあり

代用品も判断できない場合には

修理が不可能になることもあります。

 

また、あまりに他箇所の劣化も酷い場合には

蛇口ごと新品にしたほうが今後安全に使用できる可能性もあります。

 

洗面シャワー蛇口のシャワーヘッド修理の場合は

必ず事前に現地確認が必要になってきます。

お困りの場合にはお気軽にご相談ください。

戸建て住宅のキッチンの水つまり

一戸建てにお住いのお客さまより

キッチンの水がつまって、流した水が流し台下から

溢れあがってきてしまったと、修理のご依頼をいただきました。

 

キッチンの排水が詰まってしまった場合には

いくつかのパターンがあります。

 

まず、排水口(水の流れ口)付近での詰まりの場合には

流し台の排水口あたりから圧力工法で簡易的に改善可能です。

 

ただし、排水管の奥のほうでの詰まりの場合には

専用器具を使って排水管内を清掃していく作業になりますので

時間や手間のかかる作業になってしまいます。

 

今回のように、流した水が室内で逆流水漏れするのは

ほぼ間違いなく排水管の奥のほうでの詰まり症状となり

カンタンな修理作業では改善しきれません。

 

一戸建てのお住まいと、マンションなどの集合住宅では

排水管内つまりの対処方法が少し違ってきます。

戸建て住宅では、外のマンホール(排水ます)からの

高圧洗浄作業を中心に、ワイヤー工法などを併せて

詰まり除去作業していくことになってきます。

蛇口の水の止まりが悪い

お風呂場の浴槽側の蛇口が不調で

ハンドルをきつく締めても

なかなか水が止まらないということで

水道修理のご依頼をいただいたお客さま宅です。

 

現在主流になっている、レバーを上下させて

水を出したり止めたりできるようなシングルレバータイプや

浴室などで使用される温度調整メモリのついている

サーモスタットタイプなどでは、汎用パッキン構造ではないため

水漏れの場合、内部部品の交換が必要になってきます。

 

それに対して、洗濯蛇口などで使用されるような

2ハンドル方式(水側・お湯側が別ハンドルで手回し形状)や、

単水栓(混合蛇口ではない昔ながらの単独カラン)などでは

水もれした場合、単純なパッキンの取替えだけで

漏水症状が改善することが多いものになります。

 

今回の浴槽蛇口は2ハンドル式蛇口で

パッキン交換することの可能な構造でした。

複数個所のパッキンを交換して水道修理完了となりました。

お風呂の天井換気扇の取替え

こちらはお風呂場の天井換気扇の交換事例です。

換気扇というのは湿気のある場所で使用する

家電品のようなもので、当然耐用年数が決められています。

通常はどこのメーカーでも、10年前後といわれ

この期間を超えると、いつ故障してもおかしくないものです。

 

故障間際の症状としては、

作動音がうるさくなってきたり

動かなくなるタイミングがあったりというような状態になります。

 

これらは、モーター付近が経年劣化してきたり、

換気扇内部で基盤・配線付近の異常が出てくることが原因で

なかなか部分的に修理することは難しく、

原則、換気扇本体を新品のものに取り替えるという

換気扇交換工事になってしまいます。

 

お風呂の天井換気扇にも様々な形状がありますが、

トイレや脱衣所などとは連動していない

単独タイプの浴室天井換気扇の場合

交換部材・作業費含め、¥25000円前後になることが多いです。

 

他箇所との連動タイプの場合は、大幅に料金が違ってきます。

 

また、一般的に使用されることが少ない特殊形状の換気扇や、

暖房や乾燥機能付きの換気扇の場合は

弊社で取り扱っておりません。

給湯器下の水道水漏れ工事

給湯器下から水がもれてくるということで

水道修理に伺った札幌市西区のお客さま宅です。

 

給湯器下の水漏れの場合にはまず、

給湯器本体の水漏れなのか、

本体につながっている水道配管部分なのかにより

対処が違ってきてしまいます。

 

給湯機器からの水もれの場合には、

原則給湯器メーカーへのメンテナンス依頼となり

水道業者では対応できない箇所になります。

また、年式の古いものであれば、

メーカーメンテナンスでも修理できず

給湯器本体の取替えとなるケースもあります。

(給湯器本体の交換については、

 弊社含め各水道業者でも対応可能なモデルが多くあります)

 

今回の水もれ原因は、給湯器下につながっている

水道配管からの経年劣化による水もれだったため

弊社で通常に交換工事できる範囲でした。

腐食していた銅管配管を一部取り替え

水もれ修理完了となっています。

トイレの床から水がもれてくる

トイレの床面に水が溜まったり、

便器の設置面から水がしみ出してくるケースがあります。

 

原因としては、様々なパターンがありますが、

すべての前提として、便器そのものがガタついている場合には

いちど便器を取り外して固定しなおす必要があります。

 

たとえ、他箇所の水道管からの水もれであったとしても、

トイレそのものがグラグラしている場合には

おかしな負荷がかかることによって

そのまわりの水道管や水道器具が漏水することが大半です。

そのため、根本的な原因をなおすことが重要になります。

 

逆に、便器のぐらつきがない場合には、

水漏れしている水道管や器具の修理や交換だけで済むことになります。

 

今回は、トイレまわりの配管からの水もれでしたが、

先述のとおり、便器の固定部不良があり

腰をかけるたびにトイレが微妙に動く状態であったため

トイレの取り外しと、配管の修理をおこなって作業完了しています。

 

ほかにも、気温差による結露が原因で

季節によりトイレの陶器に多量の水滴が付いて

それが床面に水気として溜まってしまうこともありますし、

ウォシュレットやシャワー便座などの

洗浄タイプの便座機器から水漏れしているケースもあります。

(※ 洗浄便座からの水漏れの場合は、電化製品機器のため

   弊社での修理はおこなっておりません。

   製造メーカーへの修理をご依頼ください)

札幌市西区の水道修理(蛇口の交換)

お風呂に付いている蛇口が故障したということで

水道修理のご依頼をいただいた札幌市西区の事例です。

 

寒い日に水道凍結させてしまったことで

蛇口のハンドルあたりから

水が漏れてあちこち飛び散るようになったとのことでした。

 

今回のように、水道凍結が原因で水漏れを起こした場合は

ほとんどのケースで、蛇口本体の交換が必要になります。

蛇口が水漏れを起こすほど水道凍結したのであれば、

混合栓内部の金属部分で、歪みなどの変形や細かな亀裂、

内部損傷などにより、部品やパッキンなどの取換えでは

症状が改善しなくなってしまいます。

 

今回も同様に、サーモシャワータイプの混合水栓を

本体ごと交換して作業完了となりました。

札幌市西区のお風呂場の水つまり修理

お風呂の水を使うと、なかなか流れていかず

水が溢れてきてしまうということで

水道修理のご依頼をいただいた札幌市西区の事例です。

 

排水管や排水口の内部で詰まりがあると

流した水が排出しきれずに逆流してしまうということがあります。

 

お風呂の排水の場合には、流れた髪の毛などが蓄積し

排水の奥のほうに引っかかってしまうことがあり

ご自身で排水口付近を清掃しても

症状が改善しないことが多々あります。

 

このような場合には、業務用の清掃薬品を使って

内部の髪の毛のかたまりを溶かしつつ

専用の吸引器具などで詰まり物を引っ張り出す必要があります。

 

症状の酷さによっても変動がありますが、

ごく一般的な内部までプラスチック製の排水口であれば

¥8000〜 程度のつまり修理料金となります。

流し台シンクの下に水がたれてくる

流し台シンクの下に少量の水がたれてくるということで

水道修理にお伺いした札幌市西区の事例です。

 

現地調査したところ、台所排水栓といわれる

ゴミ受けトラップ部分と、

シンクのステンレスの接合部の隙間から

水が少しずつ滲み出しているのが確認できました。

台所下の収納扉内に水が垂れてきて、

汚れや臭気なども気になる状態になっていたため、

その場で修理作業をおこなうこととなりました。

 

このような場合、シンクのステンレス部分に

腐食による穴が空いていないかぎり、

分解修理で水漏れを止めることが可能です。

(ただし、洗い場シンクのステンレス部分に

 金属腐食による細かい穴があいてしまうと、

 流し台そのものを交換する必要がでてきます。)

 

今回は、排水栓部品を取り外し、清掃したうえで

設置部分の部品交換をして水道修理完了しています。

排水設備の構造にもよりますが、一般的なつくりであれば

¥10000〜12000 程度の水道修理費用となります。

札幌市西区のトイレつまり

トイレの水が溢れてきそうになってしまったと

西区にお住まいのお客さまより

トイレつまり修理のご依頼をいただいた事例です。

 

お話しをお伺いすると、どうやらお子さまが

トイレを使ったときに、ペーパーを一気に流しすぎてしまったようで

その後水が流れていかなくなってしまったということでした。

 

トイレのつまりというのは、特別おかしなものを流さなくても

偶然に詰まってしまうこともあります。

とくに、トイレットペーパーの流し過ぎや

大便がたまたま固かったり、量が多かった場合、

そのほか、水に溶けにくいトイレットペーパー以外の紙を

使用してしまった場合など、その原因は多岐にわたります。

 

トイレの便器内は、臭気が上がってきにくいように

少し入り組んだ構造になっていますので

流す量が多かったり、使用水量が少なかったりしてしまうことで

トイレつまりを引きおこすこととなるのです。

 

このような簡易的なトイレットペーパー詰まりなどでは

便器側から所定の器具で圧力をかけて

詰まり物を除去していく作業となります。

トイレのタイプや症状にもよりますが、

ごく一般的な家庭用水洗トイレであれば、

上限として ¥〜8000円を考えていただければ十分です。

蛇口のレバーを閉めても水が止まりきらない

シャンプードレッサータイプの洗面所で、

シングルレバー蛇口のレバーハンドルを下げても

シャワーヘッドから水が細く出続け、

なかなか水が止まらないということで修理依頼があった事例です。

 

レバータイプの混合水栓の水もれ修理の場合、

ほとんどの箇所で、専用部品が入っているため、

昔ながらのパッキン交換で修理できる構造にはなっていません。

 

そのため、水漏れ症状に応じて内部部品を取り替えるという

部品交換作業になりますので、相応の修理代金となってしまいます。

 

今回の事例では、レバーハンドル内部に入っている

カートリッジという主要部品を交換して症状改善しています。

一般的なシングルレバー混合栓の内部カートリッジ部品交換は

¥14000〜16000円程度(部品代・工費込み)となっております。

水道料金が突然跳ね上がった

水道料金があるときから急に跳ね上がったため、

室内の漏水調査をお願いされた西区の事例です。

 

急激に料金が高くなったものの、

目に見えて水漏れしている箇所が見当たらないという場合には

水道の元栓(水抜き栓)から地中に漏水している可能性があります。

 

今回のお客さま宅では、写真のような

手回しの白ハンドルタイプの元栓が使われていました。

この水抜栓に耳を近づけると、

やはり水の流れ続けている音が聞こえたため、

この水道栓の地下で水もれしていることがわかりました。

 

水抜き栓からの漏水の場合には

内部分解をして、各所の専用パッキンを取り換えることになります。

ただし、相当古い型式のものや、

パッキンが組み合わさっている部品に損傷があるケースでは、

部品ごとの交換が必要になることもございます。

壁から出ている水道管から水もれ

壁から出ている水道管付近から

水が滴ってきているということで

修理のご依頼があった事例です。

 

水道管の水漏れというのは、ナット部分などの

接続付近からの漏水であれば、パッキンの交換などで

対処できることがありますが、

配管途中やねじ込み部分からの漏水の場合には

水道管の一部交換などの対処が必要になることが多々あります。

 

今回も、壁に入りこんだ箇所で腐食による水漏れだったため

一部の配管を取り換えることとなりました。

 

壁の内側で腐食水もれなどがあるケースでは

壁面を一部破って、壁内配管作業をしなければいけないこともあり

少々高額な費用がかかってしまうこともあります。

札幌市西区のトイレの水あふれ

トイレを普通に使っていたのに

つまってしまったようで、水があふれてくると

緊急修理のご依頼があったトイレつまり修理事例です。

 

おかしな使い方をしなくても、

ちょっとしたトイレットペーパー分量の多さや

大便の固さなどが原因で詰まりが起こることがあります。

 

現在のトイレというのは、全般的に節水タイプになっているため

ペーパーや便をいっぺんに流そうとしてしまうと

流す量に対して水量が十分ではなくなってしまい

便器内部で汚物が引っかかってしまう場合があるのです。

 

このようなトイレつまりを防ぐためには

ペーパー使用量に応じてこまめに水を流す、

きちんとトイレタンクに水が溜まりきってから流す、

などのことに気を付けて使用する必要があります。

札幌市西区のトイレ水漏れ

トイレのタンクの中で水漏れ音がし続けたり

便器内に水がチョロチョロと

止まらなくなってしまうことがあります。

 

このような場合、通常はトイレタンク内部で

何らかの異常や故障があることが考えられます。

トイレタンクの中には数種類の内部金具が設置されていて

年数とともに摩耗したり、破損したり、弱くなったりと

様々な不調や故障が起こってきます。

 

一般的なトイレタンクであれば、

全般的に内部金具部品の取り替えに対応しています。

(海外製トイレについては対応不可となります。

 また、国産メーカーであっても一部の形状のトイレは

 製造メーカーでなければ修理できないものもあります)

 

トイレタンク内部部品の交換の場合、

¥6000〜16000円(交換する部品による)となります。

お風呂のシャワー蛇口の故障(札幌市西区の水道修理)

お風呂のシャワー蛇口が故障したということで

修理依頼があった札幌市西区の事例です。

 

シャワー蛇口には通常、吐水パイプ部分と

シャワー側との切り替えができるようになっているものですが

内部の部品が故障して、切り替えができない状態でした。

 

今回、金属摩耗により切替ハンドルが内部で

削れてしまっているのが判明しました。

通常は内部部品を取り換えることで改善するケースですが

蛇口本体が古く、他箇所からも水もれや

動きの悪い箇所があったため、お客さまからのご要望で

混合栓本体の取り替えをすることとなりました。

 

また、年式の古いタイプの混合水栓では、

メーカーで製造中止したため部品の供給がされないものもあり、

無条件に蛇口本体の交換となるケースもあります。

 

切替金具の部品交換は蛇口の形状や使用部材により

¥9000〜16000円程度と幅があります。

また、混合栓本体の交換は、一般的な形状で

¥25000〜(2ハンドルシャワーの場合)程度となります。

洗面所・手洗い器などの水の流れが悪い

洗面手洗い器の水の流れが悪く、

多量に水を使用すると、ボウル部分に水がたまってしまい、

なかなか排水するのに時間がかかってしまうということで

修理のご依頼をいただいた案件です。

 

洗面所などの排水というのは

臭気が上がってきにくいようにするため、

内部で入り組んだ構造になっていることが多く、

市販の詰まり物を溶かすような薬剤を使用しても

なかなか改善できないことが多いものです。

 

専用の業務用薬品を併用しながら

詰まり修理用の圧力器具で除去作業をしたり、

場合によっては排水器具をいちど分解し、

内部清掃をおこなうことになります。

 

洗面や手洗い器具の水つまりの修理費用は

一般的なつまり症状の場合、¥6000〜8000程度になります。

トイレ修理(タンクレバーの故障)

トイレタンクのレバーハンドルの動きが悪く、

操作するとレバーが戻らなくなってしまうということで

修理のご依頼をいただきました。

 

トイレタンクのレバー部品も古くなってしまうと

操作が正常にできなくなってしまうことがあります。

このような場合には、無条件にレバー部品を取り替えなければいけません。

 

トイレタンクの種類によって、

使用されているレバーハンドル部品の形状が違うため

形状に合わせた部品を設置することになります。

一般的な形状のレバーハンドル部品の交換の場合、

¥10000円前後の交換料金となります。

シャワー蛇口の故障修理

お風呂のシャワー蛇口の切り替えが効かなくなり、

シャワーや吐水パイプからいつまでも

水がポタポタと漏れて止まりきらないということで

修理のご依頼があった西区の案件です。

 

写真のようなサーモスタット式の混合水栓の場合、

水もれや操作部故障の症状がでると

パッキン交換ではなく、内部部品交換になることがほとんどです。

 

今回も、切替バルブといわれる内部部品を取り替える必要がありました。

このような混合水栓では、メーカーや型式により

それぞれ違う部品が取り付いていて、

互換性もないため、適合した部品でなければ交換できません。

また、年式が古いものになれば、

適合部品が廃盤になってしまうこともあり、

修理不可能なケースもあります。

 

詳しくは、現地で症状と型式の確認をさせていただいたうえで、

修理可能かどうかの判断をすることになります。

灯油ボイラーの故障による交換工事

灯油式の給湯ボイラーからおかしな臭いがしてくるということで

ご連絡いただいた事例になります。

 

通常の家庭用給湯ボイラーの耐用年数というのは

約10年といわれています。

その後はどのタイミングで故障してもおかしくないということです。

今回のように、焼けたような異臭がしてくる場合には

危険がありますので、すぐに使用を中止して

新たな給湯機器を用意する必要に迫られます。

また、ボイラーなどの給湯器本体が熱を持ちはじめたり、

大きな異音や爆発音などが発生することもあります。

このような症状の場合にも、使い続けず

すぐに交換手配するほうが安全となります。

 

ただし、お住まいで使用されている形状に適合する給湯器が

すぐに手配できるとも限らないものですので、

ボイラーの不調や異常を感じた場合には

できるかぎり早めの交換手配が良いでしょう。

 

今回は、貯湯式、置き型の石油給湯器本体の交換をし、

ボイラー本体・取替え工費・配管費・廃棄費用含め

¥17万円となりました。

今現在お使いになっている給湯機器によって

適合する本体形状と料金が違いますので、

詳しくはお気軽にお見積依頼ください。

洗面所の排水パイプから水もれ

こちらは洗面所の下の排水パイプです。

今回は西区にお住まいのお客さまより

この排水パイプから水もれするということで

ご依頼があり修理にお伺いした事例です。

 

洗面排水パイプ付近からの水漏れについては

排水器具を分解してのパッキン交換などで対応できることもあれば、

部品の取り換えが必要なケースもあります。

 

洗面台の排水パイプ形状は、8割がた汎用型のものになりますが、

一部の洗面台メーカーについては、特殊形状の

排水器具が付いていることがあります。

このような場合には、水漏れ症状によっては

適合するメーカー指定部品を用意しなければいけないこともあれば、

廃盤品になっているため、交換部品が用意できないこともあります。

 

症状や取り付いている器具により

それぞれ対処に違いがありますので、

詳しくは現地確認をご依頼ください。

床下の配管パイプから水もれする

こちらは、床下部分に立ち上がっている水道管のパイプで

気付かないうちに水漏れが発生し、

床下が水びたしになってしまっていました。

 

水道管というのは、地中から立ち上がってきて

ポリ配管から接続部材を経由して

室内で使われている金属製の水道管や

架橋ポリエチレン管などのビニール配管へ切り替わっていきます。

金属配管なども古くなると腐食水もれを起こしますが、

立上がり部分の接続金具でも固定部分の締め込みがあまくなると

水漏れ症状がおきることがあります。

 

今回は立上がり配管の接続部品と、前後の銅管配管を取り換え

水漏れ修理完了しています。

料金についてはお住まいのつくりにより違ってきますが、

15000〜2万数千円ほどかかることもあります。

外に付いている蛇口から漏水

一戸建て住宅などに付いていることの多い

散水栓と呼ばれる外水道栓です。

この散水栓も劣化してくると、元栓内部で漏水したり

取り付いている蛇口や、地面から立ち上がっている

ステンレス配管のつなぎ目などから水もれすることがあります。

 

また、冬場の水落としが不十分だったため、

春先に破裂や破損してしまったり、

設置個所によっては屋根からの落雪が当たってしまい

損傷箇所ができてしまったりなど様々なトラブルのケースがあります。

 

今回の事例では、冷え込む時期が近づいてきたので

水落としをしようと元栓ハンドルを操作したところ

固くなって回りきらず、水も止まらないということで

修理のご依頼をいただいたものです。

 

このようなケースでは、まず散水栓内部を分解して

内部調整だけで改善する場合と、

内部の部品やパッキンの固着により

取換えする必要がある場合などがあります。

洗面台下の止水バルブから水がもれる

こちらは洗面台下の扉の中にある

給水管と給湯管の止水用のバルブになります。

応急的にこの箇所のみの水を止めたり、

水落とし時に付近にたまった水を抜くのに使用するものです。

 

今回、この止水栓部分からじんわりと水が漏れて

気が付くと洗面台下の床が濡れているということで

修理のご依頼をいただいたものです。

 

止水栓からの水漏れの場合、内部のパッキンの交換が可能な箇所と、

止水金具自体を取り替え必要な箇所とがあります。

汎用のパッキン交換できるケースでは、¥3000〜、

止水金具ごと取り替える場合には、前後の配管状況によっても

ずいぶん違ってきますが、1万数千円〜ほど必要になってきます。

トイレのつまり修理

おトイレの流れがおかしいということで

緊急の対応依頼をいただいた事例です。

 

水に流すことのできるお掃除シートを多量に流したところ

トイレが詰まってしまったということでした。

一般的に市販されている商品の中には

トイレに流せるというシートやペット用品などがありますが、

これらを流しても大丈夫かどうかというのは

お住まいのトイレによっても違いますし、

排水管によっても違ってきますので

一概に大丈夫というものではありません。

 

水圧や水量の不足しているトイレで使用してしまうと

トイレ詰まりを起こしやすいというケースもありますし、

排水管の勾配が不十分な場合にも、

途中で詰まりを起こしてしまうことがあります。

 

今回は簡易的なトイレつまりにて対応可能でしたが、

流す量や状態によっては、便器を取り外したりする除去作業や

排水管内の除去作業など、大がかりな修理になることもあります。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
011-789-2432

受付時間: 8:00~23:00
定休日:通常期は無休(※年末年始・研修日のみお休みをいただいています)

札幌の水道修理トイレ詰まり・水廻りのトラブルに緊急対応する
一般住宅専門の水道水漏れ修理店です。
台所・お風呂場・洗面所などの蛇口の水もれ、水道凍結・破裂や
水道管工事などの急な水のトラブルやトイレつまり、
ボイラー交換や修理、キッチン、浴室、洗濯の排水が流れないなど
急な排水詰り、トイレの水が止まらない、トイレタンクから
水もれ等の突然のトイレ修理や水道トラブルに土日祝日も出張修理、即日緊急対応します。
札幌市水道局指定水道修理業者
札幌市排水設備指定工事業者


<対応エリア>札幌市全域

★お支払いはクレジットカード(一括)支払いもできます★
★TVや雑誌出演の 業界適正価格の水道工事店です★
★スタッフ全員が水道国家資格所持者の札幌地元業者

対応エリア
札幌市内全域対応
【中央区】【北区】【東区】【白石区】【手稲区】
【西区】【厚別区】【豊平区】【清田区】【南区】

TV出演・雑誌掲載情報

HBC北海道放送の「総力報道 THE NEWS 北海道」に グループ会社代表としてテレビ取材・出演させていただきました

各雑誌や広報誌での掲載記事

取材にて女優の大沢逸美さんと対談させていただきました

雑誌掲載記事

多方面より表彰状や感謝状をいただいています

代表のごあいさつ

当社のサイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。私どもは、地元札幌の水道修理専門店として、お客様からの信頼を第一に考えた運営を信条としています。親切・丁寧でお客様の立場に立ったお電話対応を心がけておりますので、水まわりのお困り事やご相談がありましたら、どうぞお気軽にお電話ください。電話対応から実際の修理作業まで、責任をもって対応させていただきます!
 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

011-789-2432

<営業時間>
8:00~23:00
※通常期は無休
(※年末年始・研修日のみ
お休みをいただいています)

※弊社はアパート・マンション・戸建住宅などの一般住居専門の水道修理業者です。
店舗・事務所・施設・集合住宅の共用部の修理は原則おこなっておりません
 

水道水漏れ修理専門店
 札幌の地元水道修理業者 ウェルハウス札幌

住所

営業部 札幌市東区北37条東28丁目
施工部 札幌市北区北33条西2丁目

営業時間

8:00~23:00

定休日

通常期は無休
(※年末年始・研修日のみお休みをいただいています)

取り扱いメーカー

TOTO
INAX
KVK(MYM一部)
SAN-EI
カクダイ
ミヤコ
ノーリツ
ナショナル
コロナ
サンウェーブ
サンライズ

その他、各国産メーカー全般 お取り扱いしています