マンションのパイプシャフト内の水道元栓修理

jsughgolkl.JPG

 

マンションのPS(パイプシャフト。パイプスペースとも呼ばれる、配管が通っているスペースです)内の水道元栓バルブが故障して、水が止まりきらないとのご依頼でした。

 

給水元栓バルブ本体の不良でしたので、

マンションの水を止めて、バルブ交換を施工しています。

 

このようなケースで、鉄筋・鉄骨・RCマンションでは、

お部屋の水だけではなく、マンション全体の水道を止水しなければ

元栓バルブ本体の交換修理ができない場合がございます。

管理会社様や管理組合様にご協力いただかなければ

工事ができないこともございますので

予めご了承ください。

 

 

水抜き栓から、シューッと音がする

UNI_0014.JPG     2011051814070000.jpg

 

水道の元栓である「水抜き栓」付近で、常時シューッ!!と音が鳴りひびく場合には、水抜栓内部の根元にあるパッキンや部品が劣化していることがほとんどです。

 

今回の場合は、水道局から、水道料金が上がっているとの指摘を受けたため、水道局指定工事業者である当社で調査したところ、水抜栓で地下漏水していることがわかりました。

 

水抜栓を分解し、ピストン(水抜き栓下部に設置されている部品)を確認したところ、やはりパッキンが切れてしまっていました。

水抜き栓ピストンパッキン交換にて作業完了しました。

 

中には、パッキンの交換で対処できないものや、劣化がひどいため部品ごとの交換が必要な場合もあります。

(水抜栓本体の腐食や損傷で、水抜栓ごと交換しなければならないこともまれにあります。)

修理費用は、作業内容に応じて、 ピストンパッキン交換¥8400〜 ピストン部品交換¥14700〜 となっております。

 

 

 

 

水抜水道の元栓(水抜き栓)のハンドルが空回りする

20130409_162520.jpg

 

水道栓(水の元栓バルブ)のハンドルを回そうとすると

クルクルといつまでも回ってしまい

空回り状態というケースがあります。

この場合には、空回りしていることで

水道栓の操作もまったくできないことになります。

 

また、アパートなどの集合住宅では

ハンドルを操作している途中などに

ガクン!とハンドルが定位置から落ち込んでしまうことなどもあります。

 

これは、水道栓(水の元栓)のハンドルに繋がっている

操作用の棒が接続部より外れてしまっていることが原因です。

写真はアパートの1階部分に立ち上がっている

水道管と水道栓に繋がっている操作用の棒です。

 

これらの連結外れによるから回りや故障も

全般的に対応可能ですので

お気軽にお問い合わせください。

 

※アパートなどの集合住宅の場合は

 他のお部屋や駐車場での作業となることもありますので

 事前に管理会社やオーナー様への確認が必要になります。

 

水道局から漏水してると言われた・・・

UNI_0011.JPG

 

水道局からの指摘があり、どこからか水漏れがしていて水道料金が3万円ほどにもなっているとのこと。



水道局指定の工事業者とのことで当社に修理ご依頼いただきました。



お伺いして確認してみると、水道の元栓(水抜き栓といいます)から水の流れる音が鳴り続いています。



水抜き栓を分解してみると根元の部品の損傷がありました。



写真のように、「ピストン」と呼ばれる部品を交換して作業完了です。



ピストン部品は、各メーカーによって金額に違いはありますが、一般的なものであれば ¥14700くらい。

また、ピストンに付いているパッキンのみの交換で修理ができる場合も多く、その場合には¥8400程度でおさまります。



そのままにしておくと、どんどん水道料金が高額になりますので、お早目の対処を!

 

 

電動水抜栓が動かない場合の修理

画像 021.jpg

 

水抜き栓(水道元栓)には、手動で動かすものと室内の操作盤によって電動で動かすものがあります。

写真の水抜き栓は電動タイプのモーター部分になります。

 

室内の操作盤で水を止めようとしても水がとまらない、逆に水が出てこないときは、電動水抜栓のモーター故障や、モーター内部の部品やパッキン不良が考えられます。

 

また、電動水抜栓から漏水している場合も同様に、モーター部分解して内部の部品やパッキンの交換をすることになります。

 

部品やパッキン取替えの場合の修理費用は¥8400〜14700くらい、モーターや操作盤の故障の場合は現地見積もりとなります。

 

 

電動水抜き栓の操作スイッチを押してもエラーになって動かない

RHUJDOKOJFK;.JPG

 

電動水抜き栓の操作スイッチを押してもエラーになって動かないという症状が多々あります。

また、スイッチを押しても水が止まらない、もしくは水が出てこないなどの症状になることもあります。

 

これらの要因としては、

@操作スイッチ部機械本体(操作盤といわれます)が故障している場合

A操作盤の信号は室外の水道元栓に取り付けしてある電動モーターにつながっています。この電動モーター部が故障している場合もあります。

B操作盤・電動モーターともに正常ですが、水道元栓自体が不良の場合。

 

いずれも同様の症状で、修理専門の水道業者でなければ判断がつかない場合が多いです。

 

冬場の冷え込む時期に故障したままにしておくと、水道凍結の原因にもなりますので、早めの修理が必要です。

 

 

散水栓の故障による交換工事

2011050311510000.jpg

 

庭にある散水栓付近の地面から水が噴出すトラブルでした。

 

散水栓の地中に埋まっている部分で破損していることがわかりました。

 

散水栓などの水抜栓は本体部分の損傷の場合、地中に埋まっている箇所すべて掘りあげて交換する必要があります。

 

今回は、通常の散水栓ではなく、水栓柱と呼ばれる一体型の散水栓に交換しています。

 

散水栓本体の交換工事は ¥63000〜程度になりますが、地盤や掘削場所の状況によって金額が変更になります。

 

 

水抜き止水栓(水道の元栓)の交換工事

9dcbnk,ikj.JPG

 

こちらは水抜き栓(止水栓・水道栓・不凍栓)と呼ばれる水道の元栓が故障し、

地面に埋まっている本体ごとの取り替えをしている

水抜き栓交換工事現場です。

 

本栓のハンドルが回らない、操作が重いなどの場合は

水抜き栓修理で対応できることがほとんどですが、

古くなったことで水抜栓本体から水が漏れているときには

埋設部分を掘り起こしての交換工事が必要です。

 

床下に入れるかどうか、

どのような口径や長さの水道栓なのか、

掘り起こすスペースの広さや施工のしやすさ

などにもより金額が大きく変動しますので

詳しくはお問い合わせください。

 

電動の水道栓(スイッチで動く水道元栓)の故障

6788643221.jpg

 

こちらは、スイッチで操作して

水を出したり止めたりできる

電動式の水道栓のモーター部です。

 

室内の壁などに操作盤(スイッチ)が付いていますが、

そのスイッチと連動するのがこのモーター部分です。

操作部スイッチが壊れても、このモーターが壊れても

水道栓は動かなくなります。

 

これらの電動式のタイプの修理・交換も

全般的に行います。

 

パイプシャフト内のDバルブ交換

UNI_0186.JPG

 

マンションの水道元栓の写真です。

Dバルブと呼ばれるもので、止水と水抜きを同時にできるバルブになります。

マンションのパイプシャフト(室外の鉄扉内にある配管スペース)の中にあることが多いです。

 

このバルブが故障すると、水が止まらなくなったり、水が出なくなったりすることがあります。

また、場合によっては異音や、操作していなくても勝手に水が出たり出なくなったりすることもあります。

 

バルブ内部の部品交換で修理ができることもありますが、症状によってはバルブ本体交換が必要なこともあります。

 

また、冬場の凍結時期に、ハンドルが回らなくなるといったような症状になることもあります。

寸法や口径、配管状態によってバルブ交換工賃も変動ありますので、詳しくは現地確認が必要です。

 

 

札幌の水道元栓水漏れ・水抜き栓修理の事例集

▲このページのトップに戻る