トイレの床と便器の設置部分から水が染み出てくる

hdkkk.png

 

トイレの床と便器設置面との間からじんわりと水が染み出てくるというのは、よくある症状です。

 

これは、床に便器を設置するときに使用する「ガスケット」や「床フランジ」という部材が劣化したり変形したりするせいで、便器と床の密着が効かなくなることで排水もれを起こすという症状です。

また、固定ボルトが腐って便器がぐらつくなどの症状も、これと似たような状態になることが多いです。

(トイレ内に異物を落として詰まってしまい、簡易的なつまり修理ではどうにもならず、トイレを取り外さなければならない・・・といった場合にも同様の作業になります)

 

作業としては、写真のように一度便器を取り外ししなければなりません。

作業料金は、タイプや施工状態にもよりますが、通常は ¥20000〜¥25000くらいになります。

 

 

トイレ床水もれ 水漏れ調査

IMG_20170315_093837.jpg

 

トイレ内の床に、気づくと水がたまっていると

お客さまより水漏れ調査依頼をいただきました。

 

トイレ内の床面水漏れの場合、様々な原因が考えられます。

 

便器の設置部からの水漏れのケースもあれば、

トイレタンクや、洗浄便座(ウォシュレット)本体からの水漏れ、

トイレ給水管原因の場合もあれば、

単純に結露がひどすぎて、水漏れしているかのようなケースもあります。

 

なかなかお電話でお話しを聞いただけでは判断に困ることも多く、

このような事例での正確な判断は現地確認を要することになります。

 

今回ご紹介するケースでは、床面近くに取り付いていた

止水栓金具からじんわりと水漏れしていたため、

数時間放置すれば、わずかな水たまりがトイレ床面に発生する状態でした。

 

このように、あからさまな水漏れ症状が出ない場合、

中には水漏れ調査も難しいこともありえますが、

過去の様々なケースを考慮して多面的な角度から

可能なかぎり合理的判断をしていくことを心がけています。

 

便器のふちにいつの間にか水がたまる

CIMG1106.jpg

 

便器と床の設置部に水がたまる要因としては、設置部の部材である「床フランジ」や「ガスケット」の不良であることが多いですが(この場合には便器を取り外しての工事が必要)、その他にもいろいろなケースが考えられます。

 

@トイレタンクからの水漏れが便器をつたって床面にもれている場合。(故障部品取替えが必要です)

Aトイレ内の給水管パイプや洗浄管などからの水漏れが便器設置部にたまる場合。(水漏れ配管の修理が必要です)

Bウォシュレット(洗浄便座)の故障で、使用したときにウォシュレット本体からポタポタ水漏れする場合(ウォシュレットの交換・もしくは修理が必要です)

C結露により便器やトイレタンクに水滴がついて、それが床面に落ちて水たまりになる場合(結露については建物の構造の問題が関係してきます。水回りの修理などでは対応しきれないことがほとんどです。換気をするなどの対処で若干症状が和らぐこともあります)

 

主に上記のような原因があります。

状況が詳しくわかれば、お電話でもお見積りが可能ですので、参考にしてみてください。

 

 

▲このページのトップに戻る