天井から水漏れした場合の天井ジプトン補修

303号室   施工中.jpg

 

アパートの天井から水漏れしているとの依頼で、現場に駆けつけました。

 

天井部を剥がすと、上階の排水管をつたってもれてきている様子でした。

 

配管の亀裂などではなさそうだったため、調査したところ、

上階の住人様が誤って床に水をこぼしたことが判明。

 

すぐに拭取りましたが、若干の水が、床や配管貫通部を通って下階に漏れていったようです。

 

水道の修理箇所はありませんが、天井のジプトンが濡れて使えなくなってしまったため、ジプトーン張替えのみ作業しています。

 

当社では、水道修理に伴う内装補修工事も併せて請け賜っております。

クロス壁紙、石膏ボードなどの補修も行いますので、お気軽に相談ください。

 

 

床を剥がして、床下配管の修理

UNI_0003.JPG     UNI_0012.JPG

 

床下にもぐっての作業をしなければならない事情がありましたが、

入っていける場所がなく、しかたなく床面を一部解体しての作業となりました。

 

床下配管の修理も無事終わり、

解体した床面もきれいに補修。

 

このうえにクッションフロアーを貼り直せば、

どこを剥がしたのかわからないほどの仕上がりになります。

 

場合によっては、床解体のついでに

床下点検口などを取り付けする場合もあります。

 

 

電気の照明スイッチ・コンセント交換も対応します

UNI_0054.JPG

 

当社は水道修理がメインの業態ですが、

様々な建築・メンテナンス業界の経験者が多数です。

 

そのため、簡易的な電気工事、内装工事、大工工事などまで

手がけることが可能です。

 

・照明のスイッチの交換

・コンセントの交換

・シーリング(天井に照明器具を取り付ける場合の金具)交換

・照明器具交換

 

など・・・ 室内の簡易的な電気工事にも対応しております。

 

 

天井や壁を解体する場合の施工方法

P1040063.JPGP1040064.JPG

 

壁内や天井裏で配管から水漏れしていた場合などは、点検口がない限りは壁や天井の内装を剥がす必要があります。

 

当社では、内装の補修も担当スタッフがその場で修理できます。

 

例えば、クロスを剥がし、石膏ボードを解体して天井裏の配管を一部取り替えします。

その後、ボードの張替え、クロスの補修をするまで、早ければ2時間ほどで完了できます。

 

※ 状況によって、水漏れ被害などにより広い範囲で内装を張替える必要がある場合には、即日完了することができない場合もございます。予めご了承ください。

 

 

▲このページのトップに戻る